2018年12月20日

一波乱・1








夜は部屋にイツキ一人だった。
黒川は仕事らしい。
イツキはきちんと夕食を取り、酒も控え、明日最後になる制服にアイロンを掛け
寝室に入った。

別に、特別な事は、何も無いと思うのだけど
それでも少し、落ち着かない感じがして、眠りにつくまで時間が掛かった。




真夜中を過ぎたあたり、物音で目が覚める。

傍らのケータイを見ると、直前に、黒川からの着信があったようだ。
イツキはベッドから起き上がり、半分寝ぼけた頭で、どうしたものかと様子を伺う。

ふいに来客を告げるベルが鳴る。こんな真夜中に、何度も、鳴る。
……ああ。黒川が鍵を忘れたのかも知れない…、と、イツキはリビングのインターホンの前に行く。



モニターに映っていたのは、





血だらけの黒川と、それを支える様に抱く、見知らぬ男だった。







posted by 白黒ぼたん at 12:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185229040
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
足りないイツキ by はるりん (10/15)
誘惑・5 by ぼたん (10/13)
誘惑・5 by A (10/12)
誘惑・5 by はるりん (10/12)
誘惑・3 by ぼたん (10/11)
誘惑・3 by はるりん (10/10)
誘惑・2 by ぼたん (10/09)
誘惑・2 by はるりん (10/09)
一応、冗談 by ぼたん (10/04)
一応、冗談 by はるりん (10/03)