2018年12月28日

小話「雪」








真夜中。
一通り睦事も終わり、イツキは水を飲みにキッチンへ向かう。
流しでコップに水を汲み、一口飲み、顔を上げると
向かいの窓が、チラチラと光る。

雪が降っていた。



「………どうりで。………寒いと思った…」



イツキはリビングの窓際に立ち、音もなく降る雪を眺める。
すでに暖房は切っており、足元から冷えが上る。
肩に掛けた毛布を胸もとできゅっと合わせ、イツキはカタカタ震えながら、しばらくその景色を見ていた。





寝室に戻ると、水を飲むにしては長すぎる中座に、黒川がいぶかし気な視線を向ける。
イツキが、「雪が降ってるよ」と言うと、黒川は、なんだ、そんなつまらない事かという風に、ふんと鼻を鳴らす。



イツキは、ふふ、と微笑んで





すっかり冷え切った手を、黒川の頬に、押し付けるのだった。



















黒川「……ひぃぃっ」笑



年内最後の更新です。
みなさま、この一年、いっちゃんと黒川を見守って下さって
ありがとうございます。

来年もどうぞ、よろしくお願いいたします。

posted by 白黒ぼたん at 21:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
初めまして。
いつも楽しみに読ませていただいています。
今年一年、更新ありがとうございました。
いっくんのこれからを楽しみにしています。
Posted by maika at 2018年12月29日 00:53
初めましてコメントありがとーございます!
次の一年で、いっちゃん、どうなりますかねー。
私も楽しみですw
Posted by ぼたん at 2019年01月04日 23:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185279613
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
フェスタ・3 by はるりん (11/12)
フェスタ・2 by ぼたん (11/11)
フェスタ・2 by はるりん (11/11)
フェスタ・1 by はるりん (11/07)
得意技 by はるりん (11/05)
イツキ沼 by はるりん (11/03)
多少の理性 by はるりん (10/31)
わかりやすい迷路 by ぼたん (10/29)
わかりやすい迷路 by はるりん (10/26)
覚悟 by ぼたん (10/25)