2019年01月05日

小話「帳消し・1」








『……悪かったな』

と言えば、全てが帳消しになる訳ではないと、イツキは常々思っていた。










事務所に寄って、そのまま部屋に帰るのかと思っていたが、
黒川は険しい顔で、何も言わず、別の道へと歩き出す。
イツキは、何か食べに行くのだろうか…と、のんびり構えていたのだけど

向かった先は、裏の路地にある、古びたラブホテルだった。



ただセックスをするのが目的なら、歩いて同じ距離にマンションがあるのに
わざわざ、こんな場所を選ぶ時は理由がある。
……酷く泣き叫ぶような目に遭ったり、何かで、あちこちを汚してしまったり……
そんな普通ではない行為をする時に、よく、連れて来られるのだ。


イツキは一瞬ためらい、止めようよ、という風に唇を尖らせ首を左右に振ってみせるのだが、黒川は一瞥もくれずに奥へと進む。
部屋の鍵を受け取り、扉の前ではイツキの腕を乱暴に引き、中へと入れる。




「…さっさと、脱げ」

ベッドの脇に立ち、ネクタイを解きながら、黒川はイツキにそう言う。

「………別に、………いいけどさ。……何?……どうかしたの?」
「うるさい」


半ば諦め、溜息まじりにイツキは呟き、シャツのボタンを外し始める。
黒川は、それも待てないという風に、イツキをベッドに突き飛ばした。






posted by 白黒ぼたん at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185327815
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
足りないイツキ by はるりん (10/15)
誘惑・5 by ぼたん (10/13)
誘惑・5 by A (10/12)
誘惑・5 by はるりん (10/12)
誘惑・3 by ぼたん (10/11)
誘惑・3 by はるりん (10/10)
誘惑・2 by ぼたん (10/09)
誘惑・2 by はるりん (10/09)
一応、冗談 by ぼたん (10/04)
一応、冗談 by はるりん (10/03)