2019年01月07日

小話「帳消し・2」







それはどちらかと言えば快楽より、痛みの方が強くて
イツキは始終、手足を強張らせて、鳴き声を上げていた。

ガチガチと歯が当たり、唇が切れるような乱暴なキスや
およそ愛撫とはかけ離れた、素肌を這う爪先や

黒川の加減が効かない訳ではない、わざと、そうして、イツキを追い詰めているのだ。
チラリと伺う猟奇的な視線が、イツキに、……昔の感覚を思い出させる。



「……マサヤ…、……ねえ?、………待って、………マサヤってば…」



イツキは手を伸ばし、黒川の髪の毛をくしゃりとやって、すがる様な甘えた声で懇願するも、今日の黒川にそれは通用しない。
ぱん、とハエでも打つように弾かれ、うつ伏せに引っくり返され、ホテルの備品のジェルを、尻に垂らされる。そして、




「……やっ…、………いたい、いたい、いたい……ッ」



馴染むより先に、黒川の腕が、中へと捻じ込まれる。
さすがにイツキも悲鳴を上げ、激しく頭を左右に振って、どうにかこの状況から逃れられないかともがく。

多少、滑りがあるとしても、無理な話。腕を動かされると、そのまま、身体が裏返りそうになる。このまま、腹を突き破られるような、そんな恐怖も沸く。




「……………や…っ…」



入った時と同じように強引に、腕が引き抜かれると
……瞬間、イツキの身体に、得も言われぬ痺れが走る。
目からは涙が、口からはヨダレが垂れ、突き出したままの腰をかくかくと揺する。






posted by 白黒ぼたん at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185344363
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
直球 by ぼたん (02/12)
直球 by はるりん (02/11)
意地悪 by ぼたん (02/10)
意地悪 by はるりん (02/09)
物音 by ぼたん (02/08)
物音 by はるりん (02/07)
食卓 by ぼたん (02/06)
食卓 by はるりん (02/04)
優待券 by ぼたん (02/03)
佐野 by ぼたん (02/03)