2019年01月08日

小話「帳消し・3」







丁度良く開いたままの入り口に、黒川は自身を埋める。
イツキは、すでによく解らない状態。「ああ」や「うう」と声を洩らし、ヨダレでシーツを濡らし、そのくせ中を締め付け黒川を悦ばせる。

黒川はしばらく乱暴に動いた後、ふいに身体を離し、……イツキの後ろ髪を掴むと、身体ごと自分の方に向かせる。


酷く身勝手で、イツキにとっては屈辱的。


イツキの頭を自分の股間に押し付け、物を口中に収めさせると、…息をする間も与えず奥を何度か突き
そのまま、最奥で射精し、それでも頭を押し付けたまま、もがく姿を楽しんだ。










「……少し、乱暴にしたか。……悪かったな」

バスルームで身体を流し、ようやく黒川は正気に戻る。
離れた時と同じ姿勢でベッドに横たわるイツキに、取って付けたような詫びを入れる。



「……仕事でトラブルがあってな。……ちょっとイライラしていた。…はは」

イツキの横に腰掛け、煙草に火を付け、そう言って、軽く笑う。
イツキは顔だけ少し傾け、黒川をチラリと見るも、不機嫌そうにまた視線を逸らせる。

黒川はバツが悪そうに、イツキの頭をポンポンと叩く。



「そう、拗ねるな。……ああいうプレイ、お前だって満更じゃないだろ……」

言い終わらない内に、黒川の顔に、ばん、と、枕がぶつけられた。








posted by 白黒ぼたん at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185352613
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
フェスタ・21 by ぼたん (12/09)
フェスタ・21 by はるりん (12/07)
フェスタ・19 by ぼたん (12/05)
フェスタ・19 by はるりん (12/04)
フェスタ・18 by ぼたん (12/03)
フェスタ・17 by ぼたん (12/03)
フェスタ・18 by はるりん (12/03)
フェスタ・17 by はるりん (12/01)
フェスタ・14 by ぼたん (11/27)
フェスタ・14 by はるりん (11/27)