2019年01月18日

待ち人








梶原は昇降口で、イツキが戻って来るのを待っていた。
すでに約束の時間から5分…10分が過ぎ。……イツキに、何の用事があったというのだろうか。


「………俺、あいつ、…来ないと思う」


隣りに立つ大野が、溜息まじりにそう零す。


「……え?……先、帰っちゃったかな…」
「いや。……さっき。……2階の廊下歩いてんの、見た。……清水さんと」


言い終わってから、お互い、しばらく黙り込む。多分二人とも、同じことを考えていたに違いない。
そうこうしている間にも、知り合いが通り過ぎ、梶原と大野に、一緒に遊びに行かないかと誘いの声を掛ける。
それらを丁重に断り、明るく手を振り、二人はもう暫く、イツキが来るのを待つことにした。




「……やっぱり、清水さんと、…かなぁ。……イツキと清水さんって…、そういう仲だったんだろ?」

ぽつりと大野が呟く。
大野も、勿論梶原も、イツキに好意を抱いていたのに、清水のように一線超えた関係にはなれなかった。
学校の誰よりも親しく、長い時間を過ごして来たと思うのに、そうならなかった事が寂しく、腑に落ちない。


「……イツキってさ、結局、俺らの事、どう思ってたんだろうな。……調子イイ時だけオトモダチで、あとは…………、……うはッ」




愚痴の途中で素っ頓狂な声を上げたのは、イツキが突然、大野の背中を叩いたからだった。
大野は必要以上に驚き、それを見て梶原は

嬉しくて、ホッとして、泣きそうになるのだった。






posted by 白黒ぼたん at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185400701
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
林田と松田 by はるりん (10/19)
余計な揉め事 by ぼたん (10/18)
余計な揉め事 by はるりん (10/18)
甘い欲求 by ぼたん (10/17)
足りないイツキ by ぼたん (10/17)
甘い欲求 by はるりん (10/16)
足りないイツキ by はるりん (10/15)
誘惑・5 by ぼたん (10/13)
誘惑・5 by A (10/12)
誘惑・5 by はるりん (10/12)