2019年01月19日

忘れてたけど








「忘れてなかったでしょ」




イツキが帰宅したのは18時を回った頃。


卒業式があり、清水ともきちんと話し、
その後で梶原と大野と三人でファミレスに行き、デザートのパフェまで食べて来た。
…これで最後と、湿っぽくなる事もなく、どうせ近くに住んでいるんだからまた会おうぜなどと、よくある口約束をして

今までと特に変わる事もなく、バイバイと手を振り、普通に別れた。


別れてから、イツキは、ドラッグストアで買い物をして
それからタクシーを拾って、部屋まで帰ってきた。


ずいぶんと長い一日だったため、うっかり忘れかけていたけど

昨晩は黒川が、怪我をして帰って来たのだった。






「病院行った?……どうせ行ってないんでしょ?……消毒薬とガーゼと、大きな絆創膏…。
……傷、どう?……痛い?」


黒川はソファに座り、パソコンを開いていた。
こめかみには夕べのガーゼが、血を滲ませたまま貼り付いていた。
イツキはソファの後ろに回り、黒川を覗き込む。
黒川は、大した事じゃないという風に顔を逸らし、仕事の手を止め、煙草に火を付けた。



「…少ししたら、事務所に行く。……絆創膏だけ変えてくれ」
「はーい」
「……くだらんガッコーも、……今日で、終いか」
「……ん」



そう言って黒川は、笑う訳でも、馬鹿にしたような鼻息を鳴らすのでもなく、



静かに紫煙を、吐き出すのだった。





posted by 白黒ぼたん at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185405758
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
林田と松田 by はるりん (10/19)
余計な揉め事 by ぼたん (10/18)
余計な揉め事 by はるりん (10/18)
甘い欲求 by ぼたん (10/17)
足りないイツキ by ぼたん (10/17)
甘い欲求 by はるりん (10/16)
足りないイツキ by はるりん (10/15)
誘惑・5 by ぼたん (10/13)
誘惑・5 by A (10/12)
誘惑・5 by はるりん (10/12)