2019年01月22日

記憶の澱・1







絆創膏を貼り直して、黒川は出掛けて行った。
イツキは一人部屋に残り、やっと少し落ち着いたように、肩で息をする。
風呂の支度をし、合間に部屋を片付け、風呂に入り、上がった頃にはすでに23時。
冷蔵庫からビールを取り、さっきまで黒川が座っていたソファに座り、ぼんやりとテレビを眺める。



「……つかれた…」



意識せず、呟いてしまった。
夕べからの出来事を思えば、それも仕方がなかった。

目を閉じると、頭の奥がチカチカと光る。
あやうく、自分が誰で、今どこにいるのか解らなくなる。




多分今はそう不幸ではないけれど。





全てを、納得して受け入れた訳ではないけれど。







posted by 白黒ぼたん at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185424885
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
林田と松田 by はるりん (10/19)
余計な揉め事 by ぼたん (10/18)
余計な揉め事 by はるりん (10/18)
甘い欲求 by ぼたん (10/17)
足りないイツキ by ぼたん (10/17)
甘い欲求 by はるりん (10/16)
足りないイツキ by はるりん (10/15)
誘惑・5 by ぼたん (10/13)
誘惑・5 by A (10/12)
誘惑・5 by はるりん (10/12)