2019年01月23日

記憶の澱・2








イツキが黒川と出会ったのは、イツキがまだ12歳、…中学一年の頃だった。
父親の仕事の取引相手として、顔を合わせる程度だったが、その数回後には

騙され、呼び出され、乱暴された。


よくよく考えれば…考えなくとも、酷い話だと思う。
それ以降も、親の仕事が無くなるだの、替わりに妹を犯すだの、理由を付けてはイツキを呼び出し、好き勝手に扱った。





「……犯罪、ビョーキ。……マサヤ、変態………」

イツキはソファでまどろみながら、そう呟いては、独りクスクスと笑う。
笑い話にするには、かなりの時間と、気が遠くなるほどの苦悩があったはずだが
イツキはそれらもろとも、ビールと一緒に飲み込んでしまう。

むしろ、そうでもしないと、イツキは生きて来られなかった。





中学二年の冬。
父親は、黒川とは別の組織との仕事で多額の負債を抱え、焦げ付かせ
もう自身の保険金でしか償えないという瀬戸際で、黒川がその仲裁に入った。
肩代わりした借金は、イツキが黒川の元で働いて返す「契約」だった。
一体、いくらのレートで、何度男に抱かれれば、全額返済出来るものだったろう。



実際、その頃の事は、……あまりに酷すぎて…イツキもよく覚えてはいない。
ただその頃の黒川は、確かに、いつも辛く厳しく、イツキに接していた。








『………それは、あの人のプライドが…許さなかったのね』








posted by 白黒ぼたん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185429579
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
足りないイツキ by はるりん (10/15)
誘惑・5 by ぼたん (10/13)
誘惑・5 by A (10/12)
誘惑・5 by はるりん (10/12)
誘惑・3 by ぼたん (10/11)
誘惑・3 by はるりん (10/10)
誘惑・2 by ぼたん (10/09)
誘惑・2 by はるりん (10/09)
一応、冗談 by ぼたん (10/04)
一応、冗談 by はるりん (10/03)