2019年01月25日

記憶の澱・3








黒川と「契約」を交わした後、……中学三年の頃は、とにかく、ヤってばかりで大変な時期だった。
前触れもなく呼び出されて連れ出されて、見知らぬ男達の相手をした。

ピンで留められた標本の虫のように、身体を開かれ、弄られ、貫かれ
嫌、嫌と首を振って涙を零しても、誰も助けてはくれず、皆笑ってばかりで…
それでも最後には、………良くなってしまって、

悪循環。
客は喜び、欲望のまま、さらに激しくイツキを抱いた。



そんな日々を過ごしていては、当然、自宅にも居づらくなる。
イツキは黒川にマンションの部屋の鍵を渡され、時間の殆どをここで過ごすようになっていた。










「……代々木、…品川、…新宿…。三つ目かぁ…。マサヤ、どんだけ部屋、持ってるんだろう……」

ソファのイツキは部屋をぐるりと見回して、そう、言う。
付けっ放しのテレビ、テレビを置いているローボード。いくつかある小さな引き出しは、今も秘密を隠しているに違いない。













『………ごめんね、………起こしちゃった…?』




あの時。
酷い仕事の後で家にも帰れず、黒川のマンションの部屋で、ソファに沈み込んでいた。
汚れた身体を洗うことも出来ず、軋む身体を誤魔化し、少しだけ眠りにつく。

物音で目を覚ます。
部屋には見知らぬ女性がいて、長い髪の毛を掻き上げながら、テレビが置かれたローボードの、引き出しを覗き込んでいた。







posted by 白黒ぼたん at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185434652
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
足りないイツキ by はるりん (10/15)
誘惑・5 by ぼたん (10/13)
誘惑・5 by A (10/12)
誘惑・5 by はるりん (10/12)
誘惑・3 by ぼたん (10/11)
誘惑・3 by はるりん (10/10)
誘惑・2 by ぼたん (10/09)
誘惑・2 by はるりん (10/09)
一応、冗談 by ぼたん (10/04)
一応、冗談 by はるりん (10/03)