2019年02月24日

夜逃げ・2









「……だって、……全部、終わったって…。マサヤがお金、返してくれて…、……それで俺、マサヤのになったんでしょ…。……今更…」

「だから代が替わったと言っただろう。若造、先代の契約は知らんとゴネ始めて…、…何か、別口の借金の借用書が出て来たとか…、まあ、インチキだろうが…」

「…借金。…お金、……いくら?」




降って湧いた災難を説明しながら、車はさらに奥へ進む。
道路の案内標識に「群馬」の文字を見付け、イツキは思わず二度見する。




「金じゃない、お前だ。とにかく、岡部の息子を出せと言っている。
……さすが、売れっ子だな。引く手あまただ。……ふふ、いい、金づるだからな…」




悪態は決して本心ではないのだろうが、そう零しでもしないと、気が収まらないのか。








到着したのは地方都市のビジネスホテル。
チェックを済ませ、二人で部屋に入り、途中、コンビニで買った弁当などで腹を満たす。

イツキは、何を食べても、味がしない。
口の中が渇き、ザラザラとし、無理やり物を飲み込むと、胃の中がズンと重たくなった。




「……お前、しばらくここで、隠れていろ。とりあえず、状況を整理せんと、どうにもならん」
「……しばらくって、……どれくらい?」
「2,3日か、…一週間か…。まあ、そんなに長引かせるつもりも無いが……」




posted by 白黒ぼたん at 00:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
こんにちは、久しぶりにお話が動くんですね。これまでの事のおさらいのような話数があったので期待してました!
イツキちゃん 本当最初は酷い扱いで、よくぞここまで正気を保っていられた(随分色んなところは麻痺させてるでしょうが)と。

マサヤ おきばりよし!
Posted by ぷぷ at 2019年02月25日 10:42
熱海で、芸子さんが
別れ際の挨拶に「おかせぎ〜」と言っていたのが印象的でした。

ふと、思い出しました・笑

マサヤ、しっかりしないと、このままいっちゃん、逃げちゃうかもよ?
Posted by ぼたん at 2019年02月25日 23:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185606480
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
林田と松田 by はるりん (10/19)
余計な揉め事 by ぼたん (10/18)
余計な揉め事 by はるりん (10/18)
甘い欲求 by ぼたん (10/17)
足りないイツキ by ぼたん (10/17)
甘い欲求 by はるりん (10/16)
足りないイツキ by はるりん (10/15)
誘惑・5 by ぼたん (10/13)
誘惑・5 by A (10/12)
誘惑・5 by はるりん (10/12)