2019年02月25日

夜逃げ・3








バタンと扉が閉まり、イツキは見知らぬ街の見知らぬホテルに、たった一人ぼっちになってしまった。
つい数時間前までは自分の部屋のソファでくつろぎ、明日は、美味しいラーメン屋にでも行こうと思っていたのに。


「………光州会…、って……、今更、……何で……」


光州会とのトラブルは、黒川が全て解決したはずだったが、…どういう事なのだろうか。どうにせよ、これだけ慌てて身を隠すと言うのは、深刻な問題なのかも知れない。

見付かれば、捕まって、……金を稼ぐための道具として使われるのか……、以前、黒川にそうされたように。

黒川は助けてくれるのか、いや、だからこそ自分を隠したのだろう。

それでも、それも動く金の額によっては違うのかも知れない。いや、でも……





少ない情報では、何をどう考えて良いのかも解らない。
イツキは、コンビニの買い物袋の中から缶ビールを取り、一気に飲み干し
そのまま、ベッドに入り、今日はもう終いと、目をぎゅっと閉じるのだった。





翌日と、その翌日は、特に事は起きず。
イツキは一日中部屋にいて、ぼんやりと、テレビなどを見て過ごす。
有料番組で、続き物の映画を見付けて、そのおかげでずい分、時間を使う事が出来た。
ホテルには、長期滞在の連絡をしており、すでに前金も払っているようだった。

併設のレストランで、あまり美味しくない食事をとる。
廊下の隅にあるアルコールの自動販売機は型が古く、年齢確認無しでも購入することが出来て、助かった。



夜に、黒川から電話が入る。

特に進展は無いとの事。



「………俺、まだ、……ここにいるの?」
「………ああ」
「……ちょっと…、……つまんないんだけど……」
「…我慢しろ」



電話を切った後、二人、同じタイミングで、大きなため息を付いた。




posted by 白黒ぼたん at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185620074
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
フェスタ・3 by はるりん (11/12)
フェスタ・2 by ぼたん (11/11)
フェスタ・2 by はるりん (11/11)
フェスタ・1 by はるりん (11/07)
得意技 by はるりん (11/05)
イツキ沼 by はるりん (11/03)
多少の理性 by はるりん (10/31)
わかりやすい迷路 by ぼたん (10/29)
わかりやすい迷路 by はるりん (10/26)
覚悟 by ぼたん (10/25)