2019年03月08日

夜逃げ・10








「いい加減にしろよ、高見沢さん。岡部の件は、俺と先代との間でカタが付いている。
光州会は、今後一切、岡部には関わらない。それが、男と男の約束だぜ?
それを、ないがしろにする気かよ?
先代の決め事にケチを付け、反故にして……、……あんた、そんな所で力をアピールしている場合じゃないだろ?」

「……どういう意味や?」

「……大人しく、先代のやり方を踏襲していた方がいいって事だ。
あんたが先代をコケにしているとなれば、それを逆手に、騒ぐ奴らもいるんだろう?
…代替わりで揉めるのは、…よくある話だよなぁ…」



黒川は声を荒げるでも威嚇するでもなく、ただ静かに、淡々と話す。
回りくどい説得は性に合わないが、腕っぷしでどうこうする話でもない。

岡部の件を蒸し返すのは、高見沢が先代を馬鹿にしている事になるのだと、思わせればいい。




黒川はグラスの酒を飲み、高見沢も、酒を飲む。
元々、無理な喧嘩を吹っ掛けている自覚はあるのだ。黒川に言われた事は、あながち間違いではないと知っていた。

とは言え、出した手は、なかなか引っ込める事も出来ない。
高見沢は小さく唸り、空になったグラスをテーブルに置く。

そのグラスに、黒川が酒を注いだ。





「……まあ、…高見沢さんの言い分も解りますよ。
……ふふ、ウチも岡部には、エライ迷惑を掛けられたんでね……」



posted by 白黒ぼたん at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185674396
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
足りないイツキ by はるりん (10/15)
誘惑・5 by ぼたん (10/13)
誘惑・5 by A (10/12)
誘惑・5 by はるりん (10/12)
誘惑・3 by ぼたん (10/11)
誘惑・3 by はるりん (10/10)
誘惑・2 by ぼたん (10/09)
誘惑・2 by はるりん (10/09)
一応、冗談 by ぼたん (10/04)
一応、冗談 by はるりん (10/03)