2019年03月11日

夜逃げ・12







「………俺、まだ、帰れないの?」
「……ああ」



真夜中。
イツキと黒川は電話で話す。
イツキは昼間から何度か電話を掛けていたのだが、黒川は一向に出ず、
…高見沢との会合が終わり、…少々、酒を飲んだ後に、ようやく、イツキに連絡を入れる。

黒川も忙しいのだ。この件ばかりに構ってはいられない。
けれど、イツキは、暇を持て余し過ぎている。イライラは限界に近く、すでに冷静な対応も取れないほどだった。



「光州会の人と話し、したんでしょ?……何?……俺、……そっちで働かなきゃダメって事?」
「……いや、それは無くなったんだが……」
「じゃあ、なんで戻れないの?……俺、こんなトコ、もう、やだ…、……一人で…!」



余程、腹に据えかねているのだろう。イツキはヒステリックに叫ぶも
それは黒川には耳障りなだけだった。



「……騒ぐな。……とりあえず、光州会の言い分は突っぱねたが、諦めた訳じゃないだろう。…熱が冷めるまで、もう少し……」
「もう少し?……もう少しって、どれくらいさ!?」
「……ウルサイ!」









電話というものは、厄介なもので
お互いの表情も、空気も何も解らず。
もし、目の前にいるのなら、とにかく抱き締めてやることが出来ても
それも叶わず。黙ってしまえば、それはもう、何もないのと同じになってしまう。




「………じゃ、俺。……もう、帰んない。………こっちで、仕事して、……住む」
「ああ。出来るなら、そうしていろ。……ああ、前みたいな、ウリはするなよ」
「……………バカ!」


イツキはそう叫んで、電話を切った。





posted by 白黒ぼたん at 20:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185694519
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
足りないイツキ by はるりん (10/15)
誘惑・5 by ぼたん (10/13)
誘惑・5 by A (10/12)
誘惑・5 by はるりん (10/12)
誘惑・3 by ぼたん (10/11)
誘惑・3 by はるりん (10/10)
誘惑・2 by ぼたん (10/09)
誘惑・2 by はるりん (10/09)
一応、冗談 by ぼたん (10/04)
一応、冗談 by はるりん (10/03)