2019年03月17日

ミカちゃん








右も左もわからないまま、新しい場所で、どうにかイツキは頑張っていた。
家のものも大分揃い、会社では歓迎会まで開いてもらい、自分でも馴染んで来たと思う。
数えてみれば、黒川に突然連れ出されてから、一か月が過ぎていた。

あまり、考えないようにしていたのだけど。
……考えると、未だに、胸が苦しくなってしまうのだけど。

それでも新しい暮らしは意外と楽しいものだと気付いた。






「イツキくん、今日のお弁当、どっちにする?豚の生姜焼きか唐揚げ。
あ、でもニコニコ堂の生姜焼き、ちょっとしょっぱいんだよねー。アタシ押しは唐揚げかな!」
「じゃあ、ミカさんのお勧めで」
「よし。ポテトサラダも付けちゃおう。…やだ、ダイエットは明日からにするー」


歳が近いミカとは気軽に話せるようになった。
元々イツキは、このタイプの女性は嫌いではない。
きゃっきゃと明るく華やかで、その場を盛り上げてくれる。
昼休みには一緒に、近くの弁当屋に買い物に行くようになった。


「イツキくん、あのアパートに一人暮らしなんでしょ?ご飯、どうしてるの?」
「……んー。適当です。駅前で何か食べるか、コンビニで買い物するとか…」
「へー。大変―。アタシ、無理だなー。今は実家暮らしだしー」
「ご飯は何とかなるんですけど…、お風呂が……、……狭いのが嫌で……」



アパートには一応、風呂は付いていたが
浴槽は、膝を抱えて入るのがやっとのほどの小ささだった。
安いラブホテルでさえ、こんな風呂には入ったことはないと、イツキは毎晩シャワーだけで過ごしていた。



「あー、知ってる。あそこ、狭いよねー。
あ、じゃあさ、今度、日帰り温泉行こうよ。近くにあるんだよ、岩盤浴もあってね…」





ミカとお喋りして過ごす時間は、結構、楽しいものだった。





posted by 白黒ぼたん at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185727173
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
足りないイツキ by はるりん (10/15)
誘惑・5 by ぼたん (10/13)
誘惑・5 by A (10/12)
誘惑・5 by はるりん (10/12)
誘惑・3 by ぼたん (10/11)
誘惑・3 by はるりん (10/10)
誘惑・2 by ぼたん (10/09)
誘惑・2 by はるりん (10/09)
一応、冗談 by ぼたん (10/04)
一応、冗談 by はるりん (10/03)