2019年03月22日

林田さん・3








週末。
林田と交換したばかりの連絡先に、さっそく誘いのメールが入る。



「……ええっ、林田さんとイツキくん、いつの間にそんなに仲良しになっちゃったんですか? ずるい、ずるい、ミカも行きたいです!」
「駄目。今日は男子会なんだよな、なー?」


仕事あがりに迎えに来た林田にミカが一緒に行きたいとごねるも、それは断られ、
林田はイツキに、さわやかな笑顔を向けた。







「……今度、飲みに行こうって約束しただろ?」
「…はい。……でもこんなにすぐだなんて、…ちょっとビックリしました」
「はは。でもさ、実は、行こうと思ってた店は断られちゃって……。やっぱ最近、厳しくてさ……」


融通の利く知り合いの店は駄目になったと、林田はハンドルを握りながら言う。
イツキも、飲みに行くはずなのに車で来ているのは何故だろうと…思う。

幹線道路を少し走り、交差点を曲がって細い道に入り、さらに住宅街の中に入って行く。
こんな場所に何か店があるのかと、イツキはあたりをキョロキョロする。

やがて、空き地のような駐車場に、車は停まった。






「だから、宅飲み。これなら問題ナシでしょ。…あ、問題はあるか…はは」




着いた先は、林田の自宅だった。

さすがに、それは色々まずいだろうとイツキは思ったが、断る理由を言いあぐねているうちに、押し切られてしまう。

「遠慮することないよ、俺、一人だし。 明日は休みでしょ?…泊まったっていいし。 あー、着替えとか? そんなん、裏返しときゃいいよ、はは」

何も知らない林田はよりによってイツキに、酒とベッドを、提供してしまうのだった。







posted by 白黒ぼたん at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185751351
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
足りないイツキ by はるりん (10/15)
誘惑・5 by ぼたん (10/13)
誘惑・5 by A (10/12)
誘惑・5 by はるりん (10/12)
誘惑・3 by ぼたん (10/11)
誘惑・3 by はるりん (10/10)
誘惑・2 by ぼたん (10/09)
誘惑・2 by はるりん (10/09)
一応、冗談 by ぼたん (10/04)
一応、冗談 by はるりん (10/03)