2019年04月04日

イツキ・2







「…元気?……ちゃんと、ご飯、食べてる?」
『……………ああ』



夜。
「こじれる前にサクっと連絡を入れる」という林田のアドバイス通り、まるで2,3日前にも会っていたぐらいの気軽さで、イツキは黒川に電話をする。
拍子抜けしたのは黒川の方だった。



『…何だ?………勝手にやって行くんじゃなかったのか?』
「まあね。……まあまあ、やってるよ。ふふ。……あのさ、マサヤに頼みがあるんだけど」
『…何だよ』
「俺の服、ちょっと送って欲しいんだ。クローゼットの…適当に…。少しは買ったりしたんだけど、やっぱり着慣れた服の方が良くって…。住所は一ノ宮さんが知ってるから。あ、あと、洗面所のブラシ…、豚毛の……」



イツキの頼み事に、黒川はふんと、鼻で返事をする。


本当は、もう帰りたい…だの、会いたいだの、……そんな言葉を待っていた、……訳ではないと必死に自分に言い訳しているのかも知れない。



『……それだけか?』
「………んー……。あと、あれ…食べたい。……塩豆大福」
『そんなもの、どこにだって売ってるだろう』
「違うよ。…事務所の近くの和菓子屋さんのだよ。……俺、あれ、好き……」



以前の暮らしを思い出し、少し切なくなったのか、イツキの声が小さくなる。





「……生ものだから無理かな。……硬くなっちゃうかな…。無理なら、いいや。……ふふ。
……じゃあね、またね」





このままでは泣き出してしまう、と、最後は明るく振る舞って
イツキは電話を切るのだった。






posted by 白黒ぼたん at 23:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
いっちゃん、黒川さんが恋しいよね!
悲しいです。泣いちゃいます。
いつになったら元に戻れるのでしょうか…
Posted by はるりん at 2019年04月05日 08:15
お互い、離れてみて
やっと本当の気持に気付く…

……と、いいですねー
Posted by ぼたん at 2019年04月05日 21:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185813868
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
足りないイツキ by はるりん (10/15)
誘惑・5 by ぼたん (10/13)
誘惑・5 by A (10/12)
誘惑・5 by はるりん (10/12)
誘惑・3 by ぼたん (10/11)
誘惑・3 by はるりん (10/10)
誘惑・2 by ぼたん (10/09)
誘惑・2 by はるりん (10/09)
一応、冗談 by ぼたん (10/04)
一応、冗談 by はるりん (10/03)