2019年04月05日

イツキ・3







「あ、林田さん。おはようございまぁす。なんか、久しぶりじゃないですかー?」


ミカの声でイツキも顔を上げる。入り口では林田が、どこか落ち着かない様子で立っていた。
先週末、林田とうっかり関係を持ってから、会うのはこれが初めてだった。


「……はよ。ミカちゃん。……イツキくん。………えーと、……社長は?」
「いませんよー。小森さんと外回りです」
「あ。そうなんだ。……えーと…、じゃあ……」
「待っててくださいよ、すぐ戻ると思います。…お茶、入れますね」


そう言ってミカは席を立ち、部屋の奥の給湯室へ向かう。
本当は帰ってしまおうかと思った林田は苦笑いを浮かべ、意味も無く頭の後ろなどを掻き、咳払いなどをする。





「………林田さん」
「……んっ?」

イツキに呼ばれ、林田は裏返った声で返事をする。イツキは小さく笑う。



「………俺、この間は…、酔っぱらっちゃって……、変な感じになっちゃって…、ごめんなさい」
「あ、…ああ。いや、俺も、ごめん。……なんか…、あの、…その…」
「………無かったコトに、………します?」
「…あ、………うん……」

「え?ナニナニ? 何の話ですかー? ……はい、しあわせ堂のシュークリームですよー」



絶妙のタイミングでミカがお茶を持って戻り、イツキはシュークリームに釘付けになってしまう。

林田は、……本当は「無かった事」にしたかったのか、したくなかったのか……、自分でも、良く解らないでいた。






posted by 白黒ぼたん at 21:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
林田さんにとって、あんな衝撃的な事、なかったことになんかできませんよね〜
いっちゃん見るたびに、蘇るあの時の…
どうなるー?
Posted by はるりん at 2019年04月06日 06:50
いっちゃん、罪作りなコです。
林田…、お気の毒……www
Posted by ぼたん at 2019年04月06日 20:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185818458
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
フェスタ・21 by ぼたん (12/09)
フェスタ・21 by はるりん (12/07)
フェスタ・19 by ぼたん (12/05)
フェスタ・19 by はるりん (12/04)
フェスタ・18 by ぼたん (12/03)
フェスタ・17 by ぼたん (12/03)
フェスタ・18 by はるりん (12/03)
フェスタ・17 by はるりん (12/01)
フェスタ・14 by ぼたん (11/27)
フェスタ・14 by はるりん (11/27)