2019年04月06日

イツキ・4







林田はともかく、
イツキにとって、あの一夜のことは、大した問題では無かった。
酒に酔った上でのコトだし、…恋愛対象という訳でもない。
そもそも、まっとうな倫理観など持ち合わせていない。





仕事の帰り。スーパーマーケットの閉店時間にギリギリ間に合い、値引きの総菜をいくつか買う。
向こうに見える大きな建物が、ミカが今度一緒に行こうと誘った日帰り温泉施設なのかな…と、イツキはのんびり歩きながら思う。
街は駅前こそ栄えているが、通りを抜けると寂しいもので、街灯の明かりもまばらだ。
夜の住宅街は静かで、時折どこかの家から、子供の笑い声が聞こえてくる。



「……なんか、俺。……普通の人みたい……」



アパートに戻り、台所に立ち、買って来た総菜を温め直す。
朝、タイマーをセットしていた炊飯器が、湯気を立てる。
テレビの前のテーブルに食事を運ぶ。ここには今度、小さなソファを置こうと思う。
もしかして、部屋全体を自分の好きにしてもいいのかと思うと…、少し、楽しみだった。


「……ソファって…どこに売ってるんだろう。……それも、マサヤに送って貰おうかな…。……棚も、ベッドも。……もう、本気で引っ越す……、……ふふ」




あれこれ一人、つぶやきながら、部屋の模様替えを考える。そんな折、玄関のチャイムが鳴る。
……黒川に頼んでいた荷物がもう届いたのかと、イツキは立ち上がる。







「………あ」








ドアを開けた先に立っていたのは、宅配便の業者では無かった。












posted by 白黒ぼたん at 23:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
ごくごく普通の生活は、いっちゃんにとっては不思議な事なのですね。
そうですよね。今までが大変だったもの。
黒川との生活に戻れば、また元どおり…?
いっちゃんに普通の生活は無理だろうな〜
ピンポンは林田さんかな?
Posted by はるりん at 2019年04月07日 07:00
ごくごく普通の生活…送って来ませんでしたからねー。しばらく、楽しんで欲しいものです。

黒川、邪魔すんなよー笑
Posted by ぼたん at 2019年04月07日 21:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185823477
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
フェスタ・21 by ぼたん (12/09)
フェスタ・21 by はるりん (12/07)
フェスタ・19 by ぼたん (12/05)
フェスタ・19 by はるりん (12/04)
フェスタ・18 by ぼたん (12/03)
フェスタ・17 by ぼたん (12/03)
フェスタ・18 by はるりん (12/03)
フェスタ・17 by はるりん (12/01)
フェスタ・14 by ぼたん (11/27)
フェスタ・14 by はるりん (11/27)