2019年04月08日

イツキ・6







「馬鹿か、お前は。確認もせず安易にドアを開けやがって。読みもしない新聞を取る気だったのか?…新聞屋で良かったものの…上がり込まれたらどうする、ヤられるぞ。
せめてオートロックの部屋にしろ。今時、探したって見付からないぞ、こんなボロアパート…」


新聞屋の代わりに部屋に上がり込んだ黒川は、そこいらをぐるりと見回して、一通り、ケチを付ける。


「……染みったれた暮らしをするなよ、貧乏臭くなる。……なんだ、こっちの部屋は段ボールか…、……物置なのか?ここは」
「………会社の、……在庫置き場なんだよ。……マサヤ、……何しに来たの?」
「はァ? 荷物を送れと言ったのはお前だろう?……手間の掛かる……」



荷物は、アパート前の通りに停めた車に、まだ積んであるらしい。
……少し前に到着していて……さて、どんな顔でイツキに会うかと、車内で一服している時に、部屋に押し入る新聞屋を見掛けたのだ。



「……気を付けろよ、お前なんか、どこに行ってもいいカモだ。新聞もセールスも、簡単に引っ掛かりそうだな…。金の次は身体か、…すぐに男が寄ってくる……、大体……」
「………マサヤ」






悪態ばかりを並べる黒川に、イツキは、正面から抱き付く。
背中に手を回し、胸に顔を埋め、ぎゅっと力を込める。





「………久しぶりに会ったんだから、文句ばかり、言わない。俺、マサヤに、会いたかったんだから………」
「……………ふん」
「…マサヤは?」



胸に顔を埋めたまま、イツキは視線だけを上げ、黒川を見つめる。
離れてから、一か月と少し。これだけ別れていたのはあの、小野寺の一件でイツキが家出をした時以来。
……いや、その時よりも長いかも知れない。





「………会いたいから、わざわざ、来てやったんだろう」





そしてその時よりも、間違いなく、互いの情は深くなったのだろう。
……黒川が、こんな言葉を、吐くようになったのだから。






posted by 白黒ぼたん at 22:57| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
あまーーーい!古くてスミマセンf(^^;
Posted by 如月 at 2019年04月08日 23:57
会いたかったからって黒川が言った〜
すごい!こんな事を言わせるいっちゃん、愛されてますね〜ハート
黒川、ずいぶんと変わったこと…
Posted by はるりん at 2019年04月09日 07:32
如月さま
鉄板でしたね。ハンバーグ!笑笑

はるりんさま
うっかり言っちゃいましたよ。ヤキが回りました。
ま、たまにはこんな黒川もいいかなーと
Posted by ぼたん at 2019年04月10日 22:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185832621
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
フェスタ・26 by はるりん (12/14)
フェスタ・25 by ぼたん (12/13)
フェスタ・25 by はるりん (12/13)
フェスタ・24 by ぼたん (12/12)
フェスタ・23 by ぼたん (12/12)
フェスタ・24 by はるりん (12/12)
フェスタ・23 by はるりん (12/11)
フェスタ・21 by ぼたん (12/09)
フェスタ・21 by はるりん (12/07)
フェスタ・19 by ぼたん (12/05)