2019年04月12日

イツキ・8







「………もう、帰るの?」
「……ああ」



コトが終わり、少し眠り、目が覚めたかと思えば、もう帰るのだと言う。

揉めていた光州会とは一応の話が付いた事。
それでももう暫く…ほとぼりが冷めるまで、イツキは黒川の近くにいない方が良いだろうという事。
さらにありがたくないことに、別件で、イツキに『仕事』の依頼が来ている事。

そんな現在の状況を、ざっと説明する。



「……じゃあ、もうちょっと…、……このまま?」
「ああ」
「……2、3か月くらい…、とか?」
「ああ」



外に停めていた車から、荷物を運んで来る。
旅行用の大きなバッグに、本当に適当に突っ込んだという風に、イツキの洋服が詰め込まれていた。
…中に、……特に意味は無いのだろうが、黒いスーツまであって、……イツキは少し不機嫌な顔になるのだが、黒川はそれに気付いていない。



「まあ、向こうにいて、四六時中、男に狙われるのも嫌だろう?…笠原の時のように、見張りを付けてもな……」
「そうだね。俺、こっちで気楽にやってるから、大丈夫」



イツキはむくれ、他所をむいたまま、ぶっきらぼうに答える。
確かに、黒川の言う通り、常に身の危険を感じながらの生活も嫌だが、……もう少し、どうになならないものかと…思う。





黒川はそんなイツキを横目で見て、ふふ、と笑う。


「…………また、来てやる」


荷物の中の紙袋を、イツキに手渡す。

そこには、イツキが欲しがっていた和菓子屋の、塩豆大福が入っていた。






posted by 白黒ぼたん at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185851383
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
フェスタ・26 by はるりん (12/14)
フェスタ・25 by ぼたん (12/13)
フェスタ・25 by はるりん (12/13)
フェスタ・24 by ぼたん (12/12)
フェスタ・23 by ぼたん (12/12)
フェスタ・24 by はるりん (12/12)
フェスタ・23 by はるりん (12/11)
フェスタ・21 by ぼたん (12/09)
フェスタ・21 by はるりん (12/07)
フェスタ・19 by ぼたん (12/05)