2019年04月13日

イツキ・最終話







「………どうしたの、イツキくん。……眠い?」
「………いえ、……いや、……ええ、……そうですね…」



仕事に身が入らず、大あくびばかり繰り返すイツキに、ミカが笑いながら尋ねる。
つい数時間前まで黒川と一緒にいたこんな日は、勿論眠たくて気だるくて、外に出られる状態では無いのだが
まだ、ここでの生活に気を使ってるのか、イツキはどうにか出社だけはしていた。



「…あたしも。夕べ、動画見てたら止まんなくなっちゃった。……フフフ」

ミカはそう言って笑い、眠気覚ましのコーヒーを淹れに席を立った。









本当は一緒に帰りたいと。
多少、身の危険はあっても、黒川と一緒にいたいと
泣いてすがって、言えば良かったのかと……イツキは半分、思っていた。

それでも半分は、……そんな状況を黙認している黒川に怒っていたし
安全で、自由で、自立できるこの生活に、期待している部分もあった。

こんな風にでもないと、黒川と距離を取ることなど、出来ないだろう。
永遠の別れではない。黒川は、「また来る」と言う。
ちゃんと、自分に会いたくて、来てくれるのだ。

会いたくて。









「はーい、コーヒー、入りましたよー」
「ミカちゃん、俺、今日、大福持ってきたんだ。一個、あげる」
「本当? 嬉しい!」




黒川が持って来てくれた塩豆大福を、ミカと一緒に食べる。

イツキは、しばらくここで頑張ろうと、覚悟を決めていた。







posted by 白黒ぼたん at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185855990
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
余計な揉め事 by ぼたん (10/18)
余計な揉め事 by はるりん (10/18)
甘い欲求 by ぼたん (10/17)
足りないイツキ by ぼたん (10/17)
甘い欲求 by はるりん (10/16)
足りないイツキ by はるりん (10/15)
誘惑・5 by ぼたん (10/13)
誘惑・5 by A (10/12)
誘惑・5 by はるりん (10/12)
誘惑・3 by ぼたん (10/11)