2019年04月17日

黒川・2








「……イツキ、社長んトコから逃げたって本当ですか?……ここんとこ、連絡も付かないんですよねー…」
「今、一緒にいない事は確かだな。…ふん、さんざん面倒かけて、結局ドロンかよ……」
「いやー、でも本当なら、社長が放っておきますかねー?……あれでいて、イツキにゾッコンLOVEじゃないっすか………」



少々古臭い単語を交え、西崎と佐野は事務所でウワサ話。
イツキが姿を消したことは皆に知られるようになったが、西崎や佐野ですら、その真相は解らなかった。



「…うーん。だから社長、最近、様子が変なんですかね。勢いが無いっつーか。……寂しいんじゃないっすかねー、………夜が」



そんな事を言って、佐野が下品にクスクス笑っている最中、ドアが開き、黒川が入って来る。
佐野は、話を聞かれたかと、ぎょっとした顔をして…慌てて姿勢を直し、仕事をしているフリをする。
西崎が頭を下げる。




「……お疲れさまです、社長」
「ああ。西崎、裏のゲーム屋の件な、500万で手打ちだ。明日、書類を作りに行く。あと横浜の事務所に若い奴を回してくれ、2,3人……」


黒川は持って来た封筒をガサガサと開いて、仕事の話をいくつかする。
特に変わった様子は無いようだ。むしろイツキがいない分、仕事に身が入る様になったのではないかと、西崎は思う。



「…社長、今日はこの後、どうされます?……「花うさぎ」のママが、折り入って話があると言ってましたぜ?」
「どうせ新店の援助の話だろ?……また今度な、今日は帰る」




手早く用件を済ませ、明日の予定を立て、じゃあな、と黒川は西崎の事務所を後にする。
佐野は立ち上がり、黒川の前でドアを開け、お疲れ様でしたと頭を下げる。






黒川は、その頭を、拳で軽く小突くのだった。





posted by 白黒ぼたん at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185874825
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
余計な揉め事 by ぼたん (10/18)
余計な揉め事 by はるりん (10/18)
甘い欲求 by ぼたん (10/17)
足りないイツキ by ぼたん (10/17)
甘い欲求 by はるりん (10/16)
足りないイツキ by はるりん (10/15)
誘惑・5 by ぼたん (10/13)
誘惑・5 by A (10/12)
誘惑・5 by はるりん (10/12)
誘惑・3 by ぼたん (10/11)