2019年04月22日

ミツオ・1







イツキが働くハーバルの作業所に、ミツオが来ていた。
系列の美容室で扱う新しいヘアオイルのサンプルを受け取りに…らしい。
軽く頭を下げて、中に入り、さらに社長がいる奥の部屋に入る。
イツキも頭を下げ、小さく微笑む。ミカは、ミツオの名前だけは知っているが、初対面だったようだ。




「……あの人がミツオさんなんだ?……恰好良いねー。ウチの商品のアドバイザーなんでしょ?……美容師さん?……やーん、髪、切って貰いたいー」

騒ぐミカを横目に、イツキはあえてだんまりを決め込む。
何をどこまで話して良いのか解らない時は、とりあえず何も言わない方が良いと、多少は学んだようだ。






「先日のオーガニックシリーズ、好評でしたよ。香りも丁度良くて…でも、オイルはもう少し軽めになると良いですね」
「今度のは良いと思うよ。…やっぱり天然ものは、季節でバラつきがあってねぇ…」


社長とミツオがサンプル品を並べ、アレコレ話をしていると、パートの小森がお茶を運んで来る。
小森は、ミツオと面識があるようだ。「……久しぶり」と、幾分親し気に声を掛けた。





「……いや、でも。……今回は本当に、社長にはお世話になって……」
「……うん?」
「……イツキくんですよ。……急な頼みだったのに、快く受け入れてもらって…」
「ああ、いやいや、良い子で助かってるよ。真面目で、細かい仕事も得意でね…」


二人が小さな声で話すのを、小森は傍耳を立て、聞く。
ミカにはさんざん、イツキの事で騒ぎ立てるな…と言っているが、…こんな場所に急に働きに来るようになった少年が、気にならない訳はない。


まして、ミツオの紹介なのだ。




小森はチラリとミツオを覗き視線「を送る。
ミツオはそれに気づかなかったようで、細くて長い指先で、サンプル品のボトルを開け閉めしていた。






posted by 白黒ぼたん at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185897214
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
フェスタ・21 by ぼたん (12/09)
フェスタ・21 by はるりん (12/07)
フェスタ・19 by ぼたん (12/05)
フェスタ・19 by はるりん (12/04)
フェスタ・18 by ぼたん (12/03)
フェスタ・17 by ぼたん (12/03)
フェスタ・18 by はるりん (12/03)
フェスタ・17 by はるりん (12/01)
フェスタ・14 by ぼたん (11/27)
フェスタ・14 by はるりん (11/27)