2019年04月24日

ミツオ・2








しばらくすると奥の部屋から、ミツオ、社長、そして小森が出て来る。
このまま帰るようだ。一緒にドアの前まで行き、お互い何度か頭を下げる。


「社長、ありがとうございました。また連絡します」
「うん。こっちこそ、わざわざ来て貰って悪かったね。今度はゆっくりして行って…」
「はい。洋子おばさんにもよろしくお伝え下さい。……じゃあ」


そう言って、もう一度頭を下げる。作業中だったミカとイツキも席を立ち、頭を下げる。
ミツオの横に立っていた小森は、バイバイと手を振る。
ミツオは、小森に少し意味ありげな笑顔を浮かべた。









「…小森さんはミツオさんと知り合いなんですかー?」
「……以前はよくこっちに来てくれたのよ。……ミカちゃんがウチに来る前ね…」

ミツオが帰った後、ミカと小森がそんな話をする。
ミツオが洋子おばさんと呼んでいたのは、社長夫人のこと。ミツオはその甥っ子のお嫁さんの弟さんだということ。4,5年前に、このハーバルの経営が危なくなった時に色々アドバイスをして、助けてくれたという事。

イツキはミカの隣りで、ふむふむと話を聞きながら、午後のお茶を飲む。
…ミツオとの出会いは若干オカシイものだったが、…本当に、ちゃんとしたエライ人なのだな…と、今更思う。





「………ミツオさん、ちゃんと話したかったな…。……俺、お礼も言ってないし……」
イツキは心の中でそう呟く。丁度その時、イツキのケータイが静かに鳴る。
それはミツオからで、今夜、駅前で待ち合わせようというものだった。





posted by 白黒ぼたん at 22:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
ミツオ、いっちゃんに会わずに帰るわけがないと思いました!
再会して、燃えちゃうかな?
Posted by はるりん at 2019年04月25日 06:38
そりゃー、燃えちゃうでしょー
ふふふ。どうしましょうねー♪
Posted by ぼたん at 2019年04月25日 22:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185906407
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
フェスタ・3 by はるりん (11/12)
フェスタ・2 by ぼたん (11/11)
フェスタ・2 by はるりん (11/11)
フェスタ・1 by はるりん (11/07)
得意技 by はるりん (11/05)
イツキ沼 by はるりん (11/03)
多少の理性 by はるりん (10/31)
わかりやすい迷路 by ぼたん (10/29)
わかりやすい迷路 by はるりん (10/26)
覚悟 by ぼたん (10/25)