2019年05月09日

林田、驚く・1









「えええっ…、社長…、ギックリ腰ですか……」


夕方。ハーバルにやって来た林田は悲鳴にも似た声を上げる。
今日はこれから、大手の取引先を招いての食事会を予定していた。
来月開催される物産展に向け、新規に開拓したルートで、今回が上手く行けば、さらなる販路拡大が見込まれる所だった。


「………いや、……大丈夫…、……行く…から……」


初老の社長は腰を押さえ、壁伝いに数歩動いては、イテテと言って立ち止まる。
どうやら昼過ぎに重たい段ボールを抱えて、うっかり、やってしまったそうなのだ。


「そんなお身体じゃ無理ですよ。…ああ、でも今日の席はちょっと…外すとヤバイやつですよね…。ああ、ど、…どうしましょう。……奥方は?」
「……家内も…今日は別用があって……」
「この際、誰でも…。小森さん、とか…行きませんか?」


困った様子で林田は小森に話を振るも、小森は、子供の世話があるからと素っ気なく首を横に振る。


「…ミ…ミカちゃんは…っ?」
「あたし無理です。今日は2か月ぶりのマツエクなんです。やっと予約が取れたんですよー」
「…ええっ、……ハーバルの危機なんだよ?」


取引先との接待の席など、当然、気乗りはしないのだろう。
女子二人は無碍に断り、定時だからと帰り支度をし始める。
社長は「…大丈夫、…私、行くから…」と、微塵も大丈夫な様子を見せずに、痛みを堪えて上着を羽織る。






「………俺で良ければ…、……行きましょうか…?」



部屋の端で話を聞いていたイツキが小さく手を挙げた。






posted by 白黒ぼたん at 00:17| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
いっちゃん!君に何ができると…??
どうなるんですかー?
Posted by はるりん at 2019年05月09日 06:12
いっちゃん偉い!でも でも ん〜 大丈夫かなあ?
Posted by きんぎょ at 2019年05月09日 09:25
はるりんさま
いっちゃんに出来る事なんて…アレしか無いですよねー笑笑


きんぎょさま
いつでもどこでも危なっかしい子です。それでいて自分では大丈夫、って思ってるんですよねー。
Posted by ぼたん at 2019年05月09日 22:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185972725
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
林田と松田 by はるりん (10/19)
余計な揉め事 by ぼたん (10/18)
余計な揉め事 by はるりん (10/18)
甘い欲求 by ぼたん (10/17)
足りないイツキ by ぼたん (10/17)
甘い欲求 by はるりん (10/16)
足りないイツキ by はるりん (10/15)
誘惑・5 by ぼたん (10/13)
誘惑・5 by A (10/12)
誘惑・5 by はるりん (10/12)