2019年05月09日

林田、驚く・2








「助かったよ。ハーバルさんの商品を売り込むのに、ハーバルさんがいないんじゃ話にならないからね…」
「でも、俺、何も出来ないですよ?…座ってるだけでも良ければ…」
「いい、いい。来てくれたって気持ちだけで…」


イツキは林田の車に乗り、仕事場を出発する。
もののはずみでセックスしてしまった二人。多少、気まずさが残ってはいたが、この窮地にそれも吹き飛んだように思う。
あの夜の事は無かった事。酒の勢いで少し…、じゃれ合いが行き過ぎてしまっただけの事。


「…社長には、お世話になってるから。…こんな事で、役に立つなら…」


そう言うイツキを、林田は横目で眺め、ああ、この子は本当に素直で良い子なんだと…思う。
無邪気と無防備と隣り合わせの危うさには、まだ気が付いていない。









「…………おお……う…」


さすがにカジュアル過ぎる格好ではまずかろうと、林田は途中、イツキのアパートに寄る。
聞けば、…一応、スーツは持っているというので、それに着替えて貰う。
10分程して、部屋から出て来たイツキを見て、林田は思わず変な声を上げる。


小柄で細身の体にぴたりと合う黒いスーツは、品の良い、良い仕立てのもので、シンプルなのにどこか華やかで。

イツキに、とても良く似合っていた。



「…スゴイね。なんか。……はは、…なんか、ホストとかになれそうじゃん?」


久しぶりの「仕事着」。イツキは襟元に手をやりながら、
林田の言葉に、照れたような困ったような笑みを浮かべた。





posted by 白黒ぼたん at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185976766
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
足りないイツキ by はるりん (10/15)
誘惑・5 by ぼたん (10/13)
誘惑・5 by A (10/12)
誘惑・5 by はるりん (10/12)
誘惑・3 by ぼたん (10/11)
誘惑・3 by はるりん (10/10)
誘惑・2 by ぼたん (10/09)
誘惑・2 by はるりん (10/09)
一応、冗談 by ぼたん (10/04)
一応、冗談 by はるりん (10/03)