2019年05月13日

林田、驚く・5







宴席は特に問題も無く、楽しく進んでいた。
お造りが出て、焼き魚が出て、酢どり生姜を食べたイツキが顔をしかめ、それを見て部長が笑った。

林田も軽く仕事の話を交えながら、食べて、飲んで、笑う。
それでも…慣れない接待に緊張しているのか、若干悪い酔い方をしているようだった。


「……いやっ…、部長、……それはですね…、その、あの……、ウチが紹介したミントの…、ちがう、…カモミールの……、アレが……」


だんだんと呂律が回らなくなる。一度黙ってしまうと、次の言葉がなかなか出て来なくなる。気持ちが悪いと中座する訳にも行かない。
一瞬の間が、場に、水を差してしまうのではないかと不安になる。



「…このお肉、美味しいですねぇ。柔らかいです。…あ、部長さん、次は俺に注がせて下さい」



イツキが変わらず明るい調子でいてくれるのが、救いだった。
酌をする時に席を移ったのか、いつの間にかイツキは部長の隣りに座っていた。

身体を寄せ、酒を注ぎ、見上げてニコリと微笑み、自分も返杯を受ける。

その、あまりに自然すぎる様子を見ながら…、林田はぼんやりと…、また酒を飲んでしまう。





「………イツキくん、手、すべすべだねぇ…。女の子みたいじゃない?」
「…だから、ハーバルのクリームが良いんです…。俺、お風呂の後、身体ぜんぶに塗ってますもん」
「……へぇ。……じゃあ、カラダ全部、すべすべなんだ?」
「………ふふ。………どうでしょうね…」




どこか甘ったるいイツキの声が、林田の酔った頭の中をぐるぐると回った。





posted by 白黒ぼたん at 22:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
あーいっちゃん、始まっちゃった…
特に酔うと、色気がダダ漏れなんだよ〜
周りがいっちゃんを離さなくなるから!
Posted by はるりん at 2019年05月14日 07:33
ダダ洩れで水浸しです。
いっちゃん…、…駄目だなぁ……
Posted by ぼたん at 2019年05月14日 22:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185994411
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
余計な揉め事 by ぼたん (10/18)
余計な揉め事 by はるりん (10/18)
甘い欲求 by ぼたん (10/17)
足りないイツキ by ぼたん (10/17)
甘い欲求 by はるりん (10/16)
足りないイツキ by はるりん (10/15)
誘惑・5 by ぼたん (10/13)
誘惑・5 by A (10/12)
誘惑・5 by はるりん (10/12)
誘惑・3 by ぼたん (10/11)