2019年05月14日

林田、驚く・6








「………ごめん…、……俺……、飲み過ぎて…」




最後に抹茶ムースを頂いて、宴席は終わる。
部長は上機嫌で店を後にし、呼ばれたタクシーに乗る。林田とイツキは頭を下げ、テールランプを見送る。

やっと一息ついた林田は、また一気に酔いが回る気がする。
ふらふらと歩き出し、終電に間に合うかと、駅まで歩く。



「……大丈夫ですか?……林田さん…」
「……うん。……ああ、……いや。……それよか…イツキくんは?……途中、気持ち悪そうだった……」
「……ん?……俺は、まだ、……へいき…」



酩酊しながらも林田はイツキを気遣う。
途中、コーヒーの手前で、イツキが長いトイレに行っていた事を心配していた。
戻って来た時には、口元をハンカチで押さえていた。



………部長も、………一緒にトイレに行っていたのは、……まあ、たまたまなのだろう…。
…深くは、考えていなかった。




「…でも、イツキくん話上手で、…すげー、助かった…。……ありがとう…」
「おやくにたてて、よかったです。ふふ。おれ、林田さんには、おん、があります」
「え?」



たどたどしいイツキの言葉。イツキがこんな風に喋る時は、実は、見た目以上に酔っぱらっている証拠なのだが…、……それはまだ、林田には解らない。




「……前に、林田さん…、…こじれそうな相手には、さくっと電話した方が良いって…言ってくれたの、おぼえてます?」
「……あー、そうだっけ?」
「……おれ、あの後…さくっと電話して…、……良かったんで……」
「え、……ああ。……あはは。……仲直り出来たんだ?…カノジョと…」

「カノジョじゃなくて、カレ、ですけどね」




何気ないイツキの言葉に林田が驚くのは、それから数メートル進み、横断歩道の手前で立ち止まり、赤信号を眺めていた時だった。






posted by 白黒ぼたん at 22:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
いっちゃんと部長〜油断もスキもない ww
まぁこうなるわね…
そして帰りは林田さんと?
Posted by はるりん at 2019年05月15日 07:12
帰りは林田さんと…


……どっか、行きたかったなー…w
Posted by ぼたん at 2019年05月16日 22:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185998631
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
林田と松田 by はるりん (10/19)
余計な揉め事 by ぼたん (10/18)
余計な揉め事 by はるりん (10/18)
甘い欲求 by ぼたん (10/17)
足りないイツキ by ぼたん (10/17)
甘い欲求 by はるりん (10/16)
足りないイツキ by はるりん (10/15)
誘惑・5 by ぼたん (10/13)
誘惑・5 by A (10/12)
誘惑・5 by はるりん (10/12)