2019年05月16日

林田・最終話







駅まで行ってみたものの、もう、帰りの電車は無く
仕方なく、タクシーに乗り込む。
疲れているのか、酔っているのか二人とも無口で
それでも、林田は、隣に座るイツキをチラチラと眺める。


今日は、驚く事ばかりだった。
酒が強くて話し上手で、付き合っているのが…男性で。

ああ、先日の出来事だって、どう考えたって、オカシイ。……普通、男同士はうっかりセックスをするものではないのだ。


こんな田舎町にふらりと働きに来た少年は、実は何者なのだろうかと、林田はまじまじとイツキを見つめる。
そして、ついでに…イツキが着ている黒いスーツが、林田でも名前を知っている高級ブランドだと解り…さらに驚くのだった。




「………林田さん」
「…えっ、……なに?……何?」
「…着きましたよ」



言われて初めて、もうタクシーが目的地に到着したことに気付く。
最初は、イツキのアパートの前。
自動でドアが開くと、イツキは頭を下げ、「……じゃ、おやすみなさい」などと言う。




「……えっ…、あっ……、………ああ、…おやすみ…」






林田がそう言う。

イツキはドアに手を掛けたまま、少し、不機嫌そうな顔をして

車から降りたのだった。







posted by 白黒ぼたん at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186007571
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
林田と松田 by はるりん (10/19)
余計な揉め事 by ぼたん (10/18)
余計な揉め事 by はるりん (10/18)
甘い欲求 by ぼたん (10/17)
足りないイツキ by ぼたん (10/17)
甘い欲求 by はるりん (10/16)
足りないイツキ by はるりん (10/15)
誘惑・5 by ぼたん (10/13)
誘惑・5 by A (10/12)
誘惑・5 by はるりん (10/12)