2019年05月21日

余波・3








林田は若干浮かない顔のまま、午前中の仕事を片付けていた。
二日酔いと睡眠不足。それ以上に、気になる事があって、仕事に身が入らない。

昨夜の接待飲みは、自分が潰れた事以外は、まあまあ成功だった。
何故かイツキはああいった場に慣れていて、話し上手で可愛くて…、部長は上機嫌で、今度は山間の温泉地に行こうなどと言っていた。

ブランド物の黒いスーツを着こなすイツキを、ホストのようだと思ったけれど…本当に、飲みの席にいるような仕事をしていたのかも知れない。




男と、付き合っているというのも、驚きだったが。

言われてみれば、確かに。そういう…タイプの子…、なのだろうと…、……思う。







「…ああ、林田くん。昨日はありがとうね」
「社長。腰はもう大丈夫なんですか?」
「うん。昨日、帰りに整骨院行ってね、ずい分楽になったよ」


昼過ぎにハーバルに顔を出す。社長はなんとか復活し、世話になったと林田を労う。
……部屋には、イツキの姿は見えない。


「…ああ、電話があってね。今日はお休み。…昨日ので、疲れちゃったかな」
「林田さん、何かしちゃったんじゃないですかー?無理やり、飲ませたとかー?」
「……してないよ!」


話の合間にミカが茶化すと、つい、林田は全力で否定してしまう。


それでも、あんな席に連れて行き、飲酒させた責任は自分にあるのだ。
林田は、仕事上がりに、イツキのアパートに様子を見に行くことにした。






posted by 白黒ぼたん at 21:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
林田さん、行ったら見ちゃうんじゃない??
またショック受けちゃいますよ!
Posted by はるりん at 2019年05月22日 09:12
林田さん、気の毒な役回りです。

いつか、報われるといいけど…
Posted by ぼたん at 2019年05月22日 22:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186029956
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
余計な揉め事 by ぼたん (10/18)
余計な揉め事 by はるりん (10/18)
甘い欲求 by ぼたん (10/17)
足りないイツキ by ぼたん (10/17)
甘い欲求 by はるりん (10/16)
足りないイツキ by はるりん (10/15)
誘惑・5 by ぼたん (10/13)
誘惑・5 by A (10/12)
誘惑・5 by はるりん (10/12)
誘惑・3 by ぼたん (10/11)