2019年05月25日

余波・6








林田とミカは車の中で、何故か口元を押さえ、息すら潜め、まるで寝転ぶように座席に座り、身体を隠していた。

カンカンと音を立て、ミツオが、アパートの階段を降りて行く。
二階の奥の部屋の扉の前では、シャツだけを羽織ったイツキが、しばらくミツオの姿を見送っていた。




「………イツキくん、………って!、…………うそ、……えええっっ…」


ようやくミカが口を開く。今見た光景が信じられないといった感じで、言葉にならない。
林田も、口をぽかんと開けたまま、さらに深く、座席に沈んでいくようだ。

イツキに、「彼氏」がいることは…昨日、聞かされていた。

体調のすぐれないイツキを見舞ったのだろうか…、別れ際に、玄関先でハグするなんて、おそらくこの男が、イツキの「彼氏」なのだろう。




「………やだ!ミツオさんじゃん!」
「…え?……ミカちゃん、知ってる人?」
「林田さん、知らないんですか? ミツオさん、ハーバルの商品アドバイザーですよ。社長の親戚の方。この間も来て……
…ああ、だから、イツキくん、ウチで働く事になったんだ…、……あー…、そうなんだー……」



ミカは合点がいったという風に唸り、何度も頷き、それから林田に、自分が知っている限りのミツオの話をしてやった。

林田は、東京で美容師をしているというイケメンお洒落ヒゲの彼が、イツキの彼氏なのだと信じて疑いはしなかった。



「……そうなんだ。……訳アリでちょっと離れて、イツキくんはここで働いて…、……でも仲直りして、会いに来たってヤツか……。……ふーん……」



そう呟く林田は、どこか寂し気で、悲しそうだった。





posted by 白黒ぼたん at 23:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
林田さーん、いっちゃんの彼氏はもっと、ややっこしい人ですよ〜
怖いですよ〜!
Posted by はるりん at 2019年05月26日 08:23
本当の彼氏登場、待たれます笑
怖いよー!
Posted by ぼたん at 2019年05月26日 15:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186047791
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
フェスタ・3 by はるりん (11/12)
フェスタ・2 by ぼたん (11/11)
フェスタ・2 by はるりん (11/11)
フェスタ・1 by はるりん (11/07)
得意技 by はるりん (11/05)
イツキ沼 by はるりん (11/03)
多少の理性 by はるりん (10/31)
わかりやすい迷路 by ぼたん (10/29)
わかりやすい迷路 by はるりん (10/26)
覚悟 by ぼたん (10/25)