2019年06月04日

極楽の夜・1








大きめニットの甚平と言った感じの館内着を来て、イツキはミカの待つ岩盤浴コーナーに向かう。
イツキは、岩盤浴というものは初めてだったが、要は熱い石の上に寝て汗を掻くものらしい。


「イヤ、ただの汗じゃないのよ。もっと身体の芯から掻くような感じで…逆に超、サッパリするんだから」


言われるがまま、最初は温度の低い、初心者向けの部屋に入る。
温かい床の上にタオルを敷いて寝転ぶと、確かに、じんわりと汗が出て身体の奥が融けて行くようだ。


「………あ、………気持ちいいね…」
「ねー。うつ伏せ寝もいいよ。お腹、あったまるよ」


少し薄暗い部屋。隅の方には暖炉の様なものがあり、時折そこから良い香りの湯気があがる。

男同士、ハダカを晒す風呂も、男女一緒の岩盤浴も、……どうしたものかとちょっと不安はあったけれど、杞憂に終わる。
疲れや緊張がほぐれて行くのが解る。うっかり、「ごくらく、ごくらく」と言ってしまいそうになる。






けれど、次に入った「ロウリュウ」の部屋は、様子がまったく違った。






温かい、と言うか、すでに熱い部屋。ベンチに座るだけで、もう、汗が噴き出してくる。真ん中の大きな桶に溶岩のような石が積まれていて、法被姿の店員が、そこに勢いよく水を掛ける。
当然、大量の蒸気と熱気が上がる。



「さあ、みなさん、行きますよ!大きな声でご一緒に。それ、ワッショイワッショイ!」



店員は大うちわを持ち、威勢の良い掛け声とともに、客に、熱風を浴びせ掛けるのだった。





posted by 白黒ぼたん at 21:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
ロウリュウってなんだろうと思っていたので、謎が解けました
みんなで掛け声とか、いっちゃん絶対苦手でしょ ww
Posted by はるりん at 2019年06月06日 08:32
なんか変なテンションで盛り上がるんですよね…。
うん。いっちゃん、苦手です。
Posted by ぼたん at 2019年06月07日 23:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186094624
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
一週間・5 by ぼたん (02/19)
一週間・5 by ふふ (02/18)
一週間・5 by はるりん (02/18)
直球 by ぼたん (02/12)
直球 by はるりん (02/11)
意地悪 by ぼたん (02/10)
意地悪 by はるりん (02/09)
物音 by ぼたん (02/08)
物音 by はるりん (02/07)
食卓 by ぼたん (02/06)