2019年06月10日

極楽・6








男は三十代といったところか。筋肉質の立派な体格、飄々とした顔立ち。すでに濡れ、額にかかる前髪の間から覗く、鋭い眼光の細い目。

それよりも、何よりもイツキの目を奪ったのは、両肩に彫られた鮮やかな文様の刺青だった。




男は構わず、イツキから少し離れて、風呂に入る。
両手で湯をすくうと顔をざぶざぶとやり、そのまま前髪を後ろに流し、ふうと息を付く。
喧嘩で付けたのだろうか、腕には何かしらの傷跡が残る。
あまりじろじろと見るものではない。けれど、イツキは目が離せなくなる。


イツキが注視していることに男も気付いたのだろう。もっとも、注目を浴びることは解ってはいる。




「……悪いな」
「………え…」
「……この時間なら構わんと、了承を得ていてな……」



言われて初めてイツキは、自分が不躾にもそれを眺めていた事に気付く。
公共の大衆浴場で、この種類の人間が拒否されている事を、イツキが知らない訳はない。
謝罪の言葉を口にし、ようやく視線を外し、我関せずと他所の方を向く。



「……兄ちゃんも、ずい分、早い風呂だな。やっぱり、アレが目当てか?」
「……えっ」
「朝イチのビン牛乳サービス…だろ? ははは…」



半分冗談めかして男は笑い、またざぶざぶと顔を洗う。
どこか高圧的な、上からの物言いが、………どこか黒川に似ていた。





そして気付くと今度は、男が、イツキから目を離せなくなっていた。







posted by 白黒ぼたん at 23:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
いっちゃん、男を引きつけてますよ〜
ヤクザですよ!まずいですよね(・_・;
Posted by はるりん at 2019年06月11日 14:47
クリカラもんもん地元のヤクザ。
いっちゃん、ちょっと親近感・笑
Posted by ぼたん at 2019年06月12日 23:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186122064
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
林田と松田 by はるりん (10/19)
余計な揉め事 by ぼたん (10/18)
余計な揉め事 by はるりん (10/18)
甘い欲求 by ぼたん (10/17)
足りないイツキ by ぼたん (10/17)
甘い欲求 by はるりん (10/16)
足りないイツキ by はるりん (10/15)
誘惑・5 by ぼたん (10/13)
誘惑・5 by A (10/12)
誘惑・5 by はるりん (10/12)