2019年06月11日

極楽の夜・7







「……兄ちゃん、学生か?」
「………いえ」
「…地元か?……ここには初めて来たのか?」
「……あの、……最近越して来たばかりで…、よく解らないです…」



男はイツキに興味を持ったのか、そう尋ねながら少し距離を詰める。
イツキはなるべく顔を見られないように他所を向き、少し距離を取る。



ここいらでは見掛けない顔。もちろん地域の若者全てを知っている訳ではないが、イツキのようなタイプは一度見ればおそらく、記憶に残るに違いない。
優し気なキレイな顔立ち。女性的な白い肌。半分向こうを向いているためか、うなじから肩のラインが目に付き、それがなんとも艶っぽい。


なにより、様子が、オカシイ。


たいていの連中は、男の彫り物を見ると、見てはいけないものを見てしまったと慌てふためき、恐れ、怯え、その場から逃げ出そうとする。
これどこの若者は、どうも反応が違う。
彫り物に怯えている…という感じではない。それから目を逸らしているのではなく、自分の身体を、隠しているといった風なのだ。


何かあるのか、と、男は覗き込むようにイツキを見る。
微かに湯が動き気配を感じるのか、イツキは一層身を固くする。



さっさと風呂から出てしまえば良いものを…、…風呂場の出入り口近くに男がいるため、風呂から出るには男の前を歩かなければいけない。

立ち上がり、男の前ですべてを晒すなど、想像しただけで……



……イツキは簡単に、感じてしまう。





posted by 白黒ぼたん at 23:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
ヤクザには慣れっこのいっちゃんですものね
少しずつ、距離が縮まってきてますよ!
いっちゃん、期待してますね(//∇//)
Posted by はるりん at 2019年06月12日 07:18
だめー…って思いつつ
ちょっとは期待しちゃってるんですよねー。
駄目な子だな…w
Posted by ぼたん at 2019年06月12日 23:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186126410
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
林田と松田 by はるりん (10/19)
余計な揉め事 by ぼたん (10/18)
余計な揉め事 by はるりん (10/18)
甘い欲求 by ぼたん (10/17)
足りないイツキ by ぼたん (10/17)
甘い欲求 by はるりん (10/16)
足りないイツキ by はるりん (10/15)
誘惑・5 by ぼたん (10/13)
誘惑・5 by A (10/12)
誘惑・5 by はるりん (10/12)