2019年06月13日

極楽の夜・9







露天風呂から出て、屋内の洗い場を小走りで抜ける。
まさか追っては来ないかと…確認したかったが、後ろを振り向く間も惜しい。
脱衣所のロッカーは生憎、一番奥の、目につきにくい柱の陰。
自分が隠れるために選んだ場所だったが、今となっては、周りが見えない事が怖い。


「……着替え。……あっ、もう館内着じゃない。……服、服…」


バスタオルで身体を拭くこともせず。髪の毛先からはぽたぽたと水が滴る。
ロッカーの中から着替えを出す。途中まで、間違えて館内着に袖を通し…、…このまま帰るのだったらそれは違うと、慌てて着直す。






「……なるほどね」






いつの間にか背後に迫っていた男に声を掛けられた時には、イツキはようやく下着を身に着け、シャツを羽織ったところだった。





男は、
イツキを突き飛ばす。

イツキはよろけ、壁に当たる。

すかさず男はイツキの腕を掴み、後ろ手にねじり上げ、そのまま背中ごと壁に押し付ける。

イツキは男の顔も見れず、壁に張り付く格好になる。

さすがにプロと言うべきか、男は簡単にイツキの自由を奪う。






「………コレじゃぁ、……隠すワケだよな。……何、兄ちゃん、……そっちの子?」



男はイツキの下着に手を差し入れ…、イツキの、隠したがっていた部分を、指先で確認した。







posted by 白黒ぼたん at 23:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
いっちゃんピーンチ!
やっぱり捕まった…ヤクザはマズイでしょ
そっちの子ってどっちの子
Posted by はるりん at 2019年06月14日 04:45
そっちの子は…

普通の、カタギの

じゃない方の子、でしょうか…
Posted by ぼたん at 2019年06月15日 06:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186135568
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
直球 by ぼたん (02/12)
直球 by はるりん (02/11)
意地悪 by ぼたん (02/10)
意地悪 by はるりん (02/09)
物音 by ぼたん (02/08)
物音 by はるりん (02/07)
食卓 by ぼたん (02/06)
食卓 by はるりん (02/04)
優待券 by ぼたん (02/03)
佐野 by ぼたん (02/03)