2019年06月20日

夢で逢いましょう







目を覚ましたイツキは、一瞬、自分がどこにいるのか解らなかった。
それでも見慣れた天井、見慣れた部屋。隣には、見慣れた男がいた。


「…………マサヤ?」


小さな声で、黒川は目を開け、イツキを見てニコリと笑う。
手を伸ばすとまるでそれが世界の決め事のように、イツキは、その手の中に納まる。




「………あ、……これ、……夢?」
「……どうして、そう思う?」
「だって、俺、今ここにいないはずだもん。……それに…」
「…それに?」


腕の中で、イツキは黒川を見上げる。
黒川はイツキの髪を掻き上げ、そのまま頬に手をやり、イツキの額にキスをする。


「………マサヤが、……優し過ぎる……」
「はは。……優しい俺は、夢、かよ」
「…それでもいいや。俺、マサヤに会いたかったんだ。…夢でも…」


夢にしてはリアルな人肌。イツキは黒川の背中に腕を回し、ぎゅっと力を込める。
黒川は、もう一度イツキの額にキスをすると、「…俺も、会いたかった、お前に」などと言う。



本当の黒川が、こんな事を言う筈はない。やっぱりこれは夢なのだ。
それでも、黒川に会いたい自分の気持や、自分に会いたい黒川の気持は、多分、本当のものなのだろうと……思った。











目を覚ましてイツキは、小さく溜息を付く。
目の前で呑気に寝息を立てる林田を見て、何をどう間違えたらこんな事になるのかと、考えていた。









posted by 白黒ぼたん at 21:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
こんな優しい黒川は、夢だと確信してしまうくらい、黒川、いっちゃんに優しくしてなかった?
たまにはいっちゃんを蕩けさせていましたよね〜ww
黒川の天邪鬼な所を理解しないとダメね
ひどいけど、確実にいっちゃんの事は愛してるんだから!

林田隣で寝てるの…?あれ?
Posted by はるりん at 2019年06月21日 20:23
もう、黒川、久しぶり過ぎて
夢だか何だか、よく解んなくなりました笑


いっちゃんは色々、やらかしている模様です。
Posted by ぼたん at 2019年06月22日 21:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186167470
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
林田と松田 by はるりん (10/19)
余計な揉め事 by ぼたん (10/18)
余計な揉め事 by はるりん (10/18)
甘い欲求 by ぼたん (10/17)
足りないイツキ by ぼたん (10/17)
甘い欲求 by はるりん (10/16)
足りないイツキ by はるりん (10/15)
誘惑・5 by ぼたん (10/13)
誘惑・5 by A (10/12)
誘惑・5 by はるりん (10/12)