2019年08月02日

手順







黒川の腰の上に跨ったイツキは、まず最初の挨拶にと、身を屈め軽いキスをする。
それから、頬、耳たぶ、首筋と順番に辿り、胸の突起の上では念入りに舌を這わせる。
その仕草はまるで、子猫がミルクを舐めているようだと、黒川は思う。
行為に慣れていないワケでも経験不足でもあるまいし、未だにどうにも、たどたどしいのは……実は、フリなのではないかとすら、思う。

実際、くすぐったくて、もどかしい。
待ちきれず、自分の手が出てしまいそうになる。

しばらくそうした後は、また、つつ、と舌を滑らせ、……その下へ。
イツキは、確かめる様に黒川の割れた腹筋に手をやり、それに沿って、舌を這わせる。
ヘソまわりをくるりと舐めると、黒川が少し、身体を揺らす。
イツキはそれを見て、嬉しそうに微笑む。



「……いいから。……早くしろよ」
「……はぁい」



すでに雄の形になっているそれに、唇を寄せる。
つい先刻まで、イツキの中に押し入っていたものだが、イツキは躊躇なく口に収める。
舌を絡め、柔らかく噛み、喉の奥で締め付け、緩める。
……昔から仕込んで来ただけあって、……こちらは、上手い。よほど警戒していないと、あっという間に持って行かれる。

黒川も然り。




イツキの頭に手をやり、指に髪を絡め、押し付けようか、引き剥がそうか…迷う。
それでも、その頃合も、イツキは知っているのだ。

わざとらしく舌を出し、唾液を垂らし、名残惜しそうにモノを一舐めしてから顔を上げる。
そして目を見合わせ、ニコリと笑って見せる。




イツキは腰を浮かせると、布団の横に放り投げていた…クリームを手に取り、自分の入り口に塗り付ける。
そんなものを塗らずとも、まだ濡れたままの箇所。ほぐさなくとも、程よく緩んだ穴。



ベタつく指で黒川のモノを支え、丁度良い位置を探り、先端を入り口に押し当てる。





posted by 白黒ぼたん at 23:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
あら、お久しぶりです〜(//∇//)
Posted by はるりん at 2019年08月03日 10:26
はいー。
張り切ってますよー
ハッスル!ハッスル!
Posted by ぼたん at 2019年08月04日 23:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186362884
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
黒川危機一髪 by ぼたん (09/15)
黒川危機一髪 by みょん (09/13)
黒川危機一髪 by ひとみん (09/13)
黒川危機一髪 by はるりん (09/12)
黒川危機一髪 by あんこ (09/12)
寿司割烹なか井・5 by ぼたん (09/11)
寿司割烹なか井・5 by はるりん (09/09)
寿司割烹なか井・4 by ひとみん (09/09)
寿司割烹なか井・4 by ぼたん (09/08)
寿司割烹なか井・4 by はるりん (09/06)