2019年08月04日

作戦







入り口の位置さえ合わせてしまえば、後は腰を落とすだけ。
自身の重みで、ゆっくりと黒川を飲み込んで行く。
イツキは片方の手を床に置き身体を支え、もう片方の手は黒川の腹の上に置いていたが

ふいに、黒川がその手を取り、指を絡める。その拍子にバランスを崩し、一気にモノは根元まで…入る。



「………んっ……」



解ってはいたが、やはり、その質量にイツキは息を飲む。
痛みというより圧迫感。強烈な違和感。押し出してしまいたいのに、内側の粘膜がどろりとまとわりつく。
やがてその感覚の底から、染みが広がる様に快楽が滲む。

眉間にシワを寄せ、唇を噛む。身体中が、黒川に、なる。





その数秒の間を黒川は楽しんでいるようだった。
空いている方の手を伸ばし、イツキの顔に触れる。
親指の腹で唇をなぞり、口をこじ開け、歯列を割り、口中を犯す。
イツキは親指に舌を絡めながらも、嫌そうに顔を背ける。


「……どうした、ほら?…イツキ」
「…………だめ、………うごけない」


黒川が少し、腰を突き上げる。
イツキはさらに困った顔をして、口から唾液を垂らす。



「………おれ、………これだけで、……いっちゃう…」
「…はぁ?……まだ何もしてないだろう?」
「…だって、俺、まだ…さっきのが残ってる……」


そう言ってイツキは、もう一ミリだって動かしては終わってしまうと
目に涙を浮かべ、首を横に振る。






結局、また黒川が、激しく動く羽目にあう。







posted by 白黒ぼたん at 23:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
目に涙を浮かべて首を横に振るいっちゃん…!
黒川、いっちゃんの可愛さにもうメロメロですか?
Posted by はるりん at 2019年08月05日 09:28
はい。
もう、メロメロパンチですw

でもあの男、…自覚無いんだろうなぁ…
Posted by ぼたん at 2019年08月06日 21:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186370064
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
黒川危機一髪 by ぼたん (09/15)
黒川危機一髪 by みょん (09/13)
黒川危機一髪 by ひとみん (09/13)
黒川危機一髪 by はるりん (09/12)
黒川危機一髪 by あんこ (09/12)
寿司割烹なか井・5 by ぼたん (09/11)
寿司割烹なか井・5 by はるりん (09/09)
寿司割烹なか井・4 by ひとみん (09/09)
寿司割烹なか井・4 by ぼたん (09/08)
寿司割烹なか井・4 by はるりん (09/06)