2019年08月06日

布団








黒川は布団の上に仰向けになりながら、煙草に火を付け、一服する。
隣りでそれを見ていたイツキは、…灰が落ちそう…と心配する。

何度も突かれ、イかされ、身体は甘く痺れたまま。
思い出すだけでも、どこかがジンと来そうで、困る。



「……マサヤ、…煙草、……あぶないよ…」
「………ああ」



解っているのだろう、黒川も一応、そう答える。
頭を醒ますための一服。最後に深く息を吐くと手を伸ばし、吸殻を、向こうにあったビールの空き缶に捨てた。






「……布団は、駄目だな。…脚が痛くなる」
「……動いちゃうしね。…壁に頭、ぶつけそうだった…」
「お前が芋虫みたいに動き回るからだろう」
「………イモムシ…」



黒川の言葉にイツキは不満げに唇を尖らせる。
確かに、そんな風に動いていたかも知れないが…
それは、黒川がそうさせたのだろうと…思う。


もう、無理と身体を強張らせるイツキを捕らえ、引き寄せ、さらに奥へと貪り貫き。
何かにすがろうと伸ばすイツキの手を、取り、その指先さえ、舐りつくし。

気付くと、とうに身体の下に布団は無く。
移動しては、また、足で蹴飛ばし…を、何度か繰り返した。




「……やっぱり、ベッドがいい?……買っちゃう?」
「…いや。…ヤリ部屋になっても困るかなら…。……ダレカレ、連れ込みそうだ」
「……連れ込まないよ」
「そうか?」




半分本気のように黒川はそう言って笑い、もう一眠りと、傍らのイツキを抱き寄せた。







posted by 白黒ぼたん at 21:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
久しぶりに2人でいられて幸せそうですね
布団が不満そうですが、ベッドでは体半分ずり落ちそうになりながらでしょうから、どっちもどっち?ww

濃い時間を過ごすと、いなくなった時の虚無感がハンパなさそうです
Posted by はるりん at 2019年08月07日 08:42
虚無感、確かに。

二人のお話、楽しすぎて
なかなか…、帰れません…
Posted by ぼたん at 2019年08月09日 00:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186379474
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
直球 by ぼたん (02/12)
直球 by はるりん (02/11)
意地悪 by ぼたん (02/10)
意地悪 by はるりん (02/09)
物音 by ぼたん (02/08)
物音 by はるりん (02/07)
食卓 by ぼたん (02/06)
食卓 by はるりん (02/04)
優待券 by ぼたん (02/03)
佐野 by ぼたん (02/03)