2019年08月20日

お食事処・2







舞台の上では一般のお客さんが、順番にカラオケを歌っているようだ。
別の時間には演芸ショーなどもあるらしい。休日の午後をのんびり過ごすにはうってつけだった。

イツキはぼんやりと辺りを見ながら、ビールを飲む。
黒川は腹が減ったと、食事処のメニューを眺め、タッチパネルを操作する。


「………ごはん、食べたら…、……マサヤ、帰っちゃうの?」
「…そうだな。さすがに3日も空けると、一ノ宮に怒られるからな」
「………そっか…」


イツキは少し拗ねた風に唇を尖らせる。
黒川との生活は必ずしも良い事ばかりではない。散々、痛い目にも怖い目にも遭って来たのだけど…、それでも、すでにそれが肌に馴染んでいた。
離れて暮らすのはやはり……



「寂しいか?」
「……うん」
「俺もだ」





不意打ちの言葉は一瞬イツキを通り過ぎて、頭の外を三周くらい回って、すとんと、胸の奥に落ちる。

イツキが顔を上げ黒川を見ると、黒川は何食わぬ顔のまま、タッチパネルの注文を終えていた。




たまに、こんな瞬間があるから、ますます離れがたくなるのだ。






「……ここは禁煙か…、クソ。一服して来る。……メシとビールも、取ってくるかな…」



残りのビールを飲み干して、黒川は立ち上がる。
それは黒川の照れ隠しなのだと、今のイツキには、解った。






posted by 白黒ぼたん at 22:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
黒川の一言の重要さ…!
とてつもなく嬉しいですね!
帰っちゃうの寂しい(ノД`)
もっと2人の幸せな時間をあげたいです
Posted by はるりん at 2019年08月21日 13:01
ねー。
つい、言ってしまいましたね。
幸せな時間、続くといいですーw
Posted by ぼたん at 2019年08月21日 22:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186451209
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
休日 by ぼたん (10/26)
休日 by みやこ (10/22)
休日 by はるりん (10/22)
イツキとダニー・4 by ぼたん (10/20)
イツキとダニー・4 by はるりん (10/20)
イツキとダニー・3 by ぼたん (10/19)
イツキとダニー・3 by はるりん (10/18)
悪い男達 by ぼたん (10/14)
悪い男達 by はるりん (10/13)
想像 by ぼたん (10/12)