2019年08月21日

お食事処・3







「……あー、ハイハイハイハイ。……解ってる、夜には帰る。書類は西崎に回しておけ、横浜には明日、顔を出す。……ああ、……ハイハイ」



施設の一角にある喫煙ブースで黒川は一ノ宮に電話をし、一頻り、小言を聞く。
適当に謝り、返事をするも、それでもそろそろ仕事に戻らないとマズイとは、解っていた。

気まぐれと勢いでココに来てしまったが、自分が思っていた以上に、イツキに…飢えていたらしい。傍に居たら居た分だけ、さらに……欲しくなってしまう。
「イツキ」は中毒性のあるヤバイ薬のようだと、前々から知っていた。
それを、売りに、仕事をしていたというのに……それに自分がハマってしまってはどうしようもない。



「………ミイラ取りってヤツだな…、はは」



黒川は自虐的に笑い、吸っていた煙草を灰皿に押し付ける。
この食事が終わったら、東京に帰ると、決めていた。



戻り際、食事処のカウンターに寄ると、丁度、タッチパネルで注文していた商品が出来上がったところだった。
餃子に唐揚げ、オニオンサラダにヨダレ鶏。枝豆そしてビール。
全ては持ちきれないと黒川は枝豆とビールだけを持ち、後はイツキに取りに来させようとテーブルへ戻る。






イツキの向かいには



見知らぬ一人の男が座っていた。






posted by 白黒ぼたん at 22:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
黒川さん、帰らないで
いっちゃん寂しすぎますよ
一ノ宮さんカンカンですけどね
数日しか会えないなんて(ノД`)

いっちゃんの前に座っているのは
この間のあいつ…??
Posted by はるりん at 2019年08月22日 06:44
ちょっとした優しさが
余計に堪えますよね。

もー、いっそ、連れて帰っちゃう?
Posted by ぼたん at 2019年08月22日 22:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186455045
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
直球 by ぼたん (02/12)
直球 by はるりん (02/11)
意地悪 by ぼたん (02/10)
意地悪 by はるりん (02/09)
物音 by ぼたん (02/08)
物音 by はるりん (02/07)
食卓 by ぼたん (02/06)
食卓 by はるりん (02/04)
優待券 by ぼたん (02/03)
佐野 by ぼたん (02/03)