2019年08月22日

お食事処・4







黒川が席を立った後、イツキは一人、ニヤニヤ笑いながらビールに口を付けていた。
イツキの言葉に乗った形にせよ、確かに黒川は『寂しい』と言ったのだ。
……向こうに居た時より格段に、気持ちが悪い程、黒川は優しく、正直だ。
イツキは何だか腹の下のほうが熱く、もぞもぞとして、どうにも落ち着かなくなる。



「……マサヤ…、……変。……いつもはあんなコト、言わないのに……。
……離れた場所ってゆーのが、……いいのかな。非日常的…、みたいな。
もしかしてマサヤって…、本当は、……俺のことすごい、……好きなんじゃない?……なんてね……」


自分で言って、自分で突っ込み、くすくす笑う。
解っている。それでもまだ、冗談にしておきたい。
この場にいる、今だけなのだ。こんなに、素直でいられるのは。
……だったらこの離れた生活も、案外悪くはない、と思う。








「ずい分と、ご機嫌だな。何か、イイコトでもあったのかな?」




ふいに声を掛けられ、イツキは驚き、顔を上げる。
その男は、横のついたての向こう、リクライニングが並ぶ休憩スペースから姿を現した。
イツキと同じ館内着の甚平姿。それでも、下にTシャツを着こみ、素肌を隠している。

そうでなければ、腕の途中まで、鮮やかな色彩の刺青が見えたはずだった。




「…………あっ…」



イツキは短く声を上げる。
男は、先日イツキがここで出会った、刺青の男だった。




「また会えるなんて、ラッキーだな。ふふ。ご縁ってヤツかな」



男はそう言って笑い、イツキの向かい側に、勝手に腰を下ろす。




posted by 白黒ぼたん at 22:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
やっぱりあの男!
ヤクザ同士ですよね…
黒川さん、いっちゃんの事守って下さいね〜!
どうするのか、楽しみです
Posted by はるりん at 2019年08月23日 07:58
こんな場所で喧嘩は無いでしょうが…

さて、どうしますかねー
Posted by ぼたん at 2019年08月23日 21:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186460241
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
直球 by ぼたん (02/12)
直球 by はるりん (02/11)
意地悪 by ぼたん (02/10)
意地悪 by はるりん (02/09)
物音 by ぼたん (02/08)
物音 by はるりん (02/07)
食卓 by ぼたん (02/06)
食卓 by はるりん (02/04)
優待券 by ぼたん (02/03)
佐野 by ぼたん (02/03)