2019年08月23日

お食事処・5







男はイツキの向かいに座る。イツキは、驚いて目を丸くする。
……多少、警戒はしていても、人で賑わうこの時間帯に遭うことは無いだろうと思っていた。
イツキが意外そうな顔をしているのに、男も気付く。



「…風呂はな、使える時間が限られるんだが、……コレさえ隠しちまえば、後はな…」

男は館内着の下に着ているシャツを触る。確かに、刺青を見せさえしなければ、後は休憩所で休もうが何をしていても構わないだろう。
実際、この日も男は、誰もいない早朝に風呂を使い、それからしばらく、隣のリクライニングスペースで仮眠を取っていたのだ。

目を覚まし、小腹が空いたと食事処に顔を出したところで、イツキとバッタリ遭遇する。




「……ビールか?……いいねぇ、俺も貰うかな。 ……この間は、途中で終わって残念だったな。……な、兄ちゃん、名前は?」
「……困ります。……俺、今日、連れがいます」
「いいじゃん。一緒に飲もうぜ?……ここから注文かな…?、……兄ちゃん、お替りは?……ん?風呂上りか?……エロい顔、してんなぁ…、ヤって来たのか?」



当たらずとも遠からず。上気した頬、濡れた髪。黒川に弄られた身体。
言われて、ハッとなり、館内着の袷に手をやる姿がまた……、思い通りで、面白い。
男はイツキを見てふふと笑う。そして勝手にテーブルのタッチパネルから、自分のビールを注文する。



「…あっ、本当に、駄目です。……俺、今日……、……ボスと一緒です。俺の…、怖い人です!」
「………へぇ!」



男が面白がって声を上げた所で、丁度、ビールを持った黒川が席に戻って来た。






posted by 白黒ぼたん at 21:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
ついにご対面ですね(°▽°)
怖いよ!
Posted by はるりん at 2019年08月24日 04:56
でも意外とこんな時の黒川は
大人しかったりするんですよねー
Posted by ぼたん at 2019年08月25日 01:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186463892
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
直球 by ぼたん (02/12)
直球 by はるりん (02/11)
意地悪 by ぼたん (02/10)
意地悪 by はるりん (02/09)
物音 by ぼたん (02/08)
物音 by はるりん (02/07)
食卓 by ぼたん (02/06)
食卓 by はるりん (02/04)
優待券 by ぼたん (02/03)
佐野 by ぼたん (02/03)