2019年09月06日

景虎大吟醸







「お疲れ様です、社長。いや、思ったより早く片付きましたね。中央通り店のソファも、あの、黒の革張りが入って良かったです。やはり見栄えが違う」
「輸入モノだからな、残りの納入時期だけ確認しておけ」
「はい、チェックリストに入れてあります。来月のリニューアルには間に合うでしょう…」



西崎の事務所での仕事も一通り終わり、黒川と一ノ宮は自分たちのオフィスに戻る。
週末、仕事をサボったツケをどうにか回収し、黒川はふんと、鼻息を鳴らす。
上着を脱ぎ、ソファにどかりと座り、足をテーブルに投げ出す。



「さて、……少し、飲みますか? 景虎の大吟醸が残っていますよ?」



黒川の返事を待たず一ノ宮はグラスを持ち、テーブルの、黒川の足が載っていない場所に置く。
向かいのソファに座り、グラスに酒を注ぐ。乾杯でもするように少し傾けると、先に口を付ける。



「…なんだよ。……楽しそうだな、一ノ宮」


そう言って黒川は、日本酒を飲む。一ノ宮は静かな笑みを浮かべる。


「……まさか、本当にイツキくんの元に行くとは、思いませんでしたよ。しかも、帰って来ないなんて……」
「…………イツキが、………帰るなと駄々をこねて…」
「ふふ。……そうですか…」




一ノ宮は、ハイハイ解っています、という風に何度か頷く。黒川のグラスが一瞬で空になってしまったので、そこにまた酒を注ぐ。









『………マサヤ、帰っちゃ、……や』



今にも泣き出しそうな目でそう言ったイツキを、黒川は思い出していた。






posted by 白黒ぼたん at 00:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
帰っちゃ…やなんて〜いっちゃん、かわいいにもほどがあるよ
もう撫で回したい!
Posted by はるりん at 2019年09月06日 18:29
いっちゃん、解ってて言ってるんですかねー?

素で、言えるなら、それこそ怖いっ
Posted by ぼたん at 2019年09月06日 23:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186521347
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
足りないイツキ by はるりん (10/15)
誘惑・5 by ぼたん (10/13)
誘惑・5 by A (10/12)
誘惑・5 by はるりん (10/12)
誘惑・3 by ぼたん (10/11)
誘惑・3 by はるりん (10/10)
誘惑・2 by ぼたん (10/09)
誘惑・2 by はるりん (10/09)
一応、冗談 by ぼたん (10/04)
一応、冗談 by はるりん (10/03)