2019年09月12日

数日間







それから数日は何事もなく、普通に過ぎて行った。
仕事は、来週に迫ったイベントの準備で忙しく、イツキもミカも無駄なお喋りもせず、真面目に取り組んでいた。
小森は仕事の合間に手作りのクッキーなどを振る舞う。急に、雰囲気が穏やかになった理由は……まあ、どうでも良く。

林田も、半ばハーバルの社員のように、ハーバルの仕事を手伝う。
イツキを見るとまだ気持ちの整理が付かず、胸が痛くなったが、その答えを出すのは取りあえず後にしておく。
時間を空けることで、良く解らない感情が落ち着いて行くことを、オトナの林田は知っていた。

後々、その方法は、「イツキ」相手にはあまり通用しない事を、身をもって知るのだけど。



黒川も相変わらず、忙しく仕事をしていた。
某所の工場跡地を買収し、開発業者に売り付けようと、西崎を連れ立って少々荒い交渉を繰り返していた。
この案件が片付いたら、次は笠原の方を片付けるか…と、頭の片隅で思う。
思いながらも、その手間を掛ける事に、本当に意味があるのか…とも、思う。

その疑問に、一ノ宮は気付いていたが、何も言わない。
「イツキ」の事で泥臭く動く黒川を、半分は、やっと人並みの感情を持てたのかと嬉しく思い、半分は……疎ましく思っていた。
この世界にいる以上、もっとシビアにダークに生きて然るべきなのだ。
それを、気まぐれで手に入れた一人の少年のために、狂わせるのは如何なものか。


まあ勿論、そんな葛藤は、黒川本人が一番解っているだろう。






夜、眠る前にイツキは黒川にメールを入れる。



返事が来るのは、大抵、真夜中過ぎ。



イツキは布団の中でケータイを開き、短い、黒川からのメールを眺めた。





posted by 白黒ぼたん at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186546378
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
フェスタ・21 by ぼたん (12/09)
フェスタ・21 by はるりん (12/07)
フェスタ・19 by ぼたん (12/05)
フェスタ・19 by はるりん (12/04)
フェスタ・18 by ぼたん (12/03)
フェスタ・17 by ぼたん (12/03)
フェスタ・18 by はるりん (12/03)
フェスタ・17 by はるりん (12/01)
フェスタ・14 by ぼたん (11/27)
フェスタ・14 by はるりん (11/27)