2019年09月14日

蒔いた種







「……若頭補佐が元気が良くてな。…よく吠えて来る。とにかく、何でも…騒ぎを起こして…、その隙にのし上がろうという手合いかな、……ふん」


手に持ったロックグラスを揺らしながら、黒川はそう言う。
氷がからんと音を立て、崩れる。
割合、親しい間柄の吉村とは言え、同業者だ。すべての事情を話す事は出来ない。


「イツキが巻き込まれたのか?…どうせ、貸す、貸さない話だろう。お前、結構、雑に扱ってたからな、あの子のこと…」
「……そうでもないだろう?」
「だから逃げられたんだろう?……それとも、逃がしたのか?」


事の真相を探ろうと、吉村がぐっと黒川の顔を覗き込む。
その視線を黒川は軽くかわし、ふんと鼻先で笑い、グラスを口に付ける。


吉村も酒を飲み、黒川の答えを待つのだが、肯定も否定も、返事は無い。




「………なら、見付けたモン、勝ち…、かな。なあ、黒川?」
「……馬鹿を言え、イツキは、俺の、だ」
「なら、首に縄でも付けて手元に置いておけよ。……どうなっても、知らないぜ?」



その言葉に一瞬、黒川が当惑の色を見せたのを、吉村は見逃しはしなかった。


黒川はイツキを手放した訳ではない。未だに黒川の所有物で、…どうにかなっては、困るものなのだ。




「……揉め事を起こすのは、イツキじゃなくて……、黒川、お前なんじゃないのか?
元はと言えば、お前が蒔いた種なんだろ?」

「……ふん」



黒川の返事は不愛想な鼻息のみ。空のグラスをテーブルに置いた。




posted by 白黒ぼたん at 23:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
そうだ〜
吉村さん、もっと言ってやって〜
Posted by はるりん at 2019年09月15日 14:40
そう。
本当に、揉め事の大元は黒川なんですよねー。

ちゃんと責任取って欲しいです。

Posted by ぼたん at 2019年09月15日 23:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186559129
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
足りないイツキ by はるりん (10/15)
誘惑・5 by ぼたん (10/13)
誘惑・5 by A (10/12)
誘惑・5 by はるりん (10/12)
誘惑・3 by ぼたん (10/11)
誘惑・3 by はるりん (10/10)
誘惑・2 by ぼたん (10/09)
誘惑・2 by はるりん (10/09)
一応、冗談 by ぼたん (10/04)
一応、冗談 by はるりん (10/03)