2019年09月15日

柿の種








黒川はバーを出て、散歩がてら夜の歓楽街を歩く。
飲み直しても良いし、事務所で仕事の続きをしてもいい。ただ、一人の部屋に帰る気はしなかった。


ポケットのケータイが鳴る。
相手が一ノ宮なら、すぐに出ようと思ったが、生憎、違った。


黒川はディスプレイに浮かぶ「イツキ」の文字だけ、確認して
そのケータイを、ポケットに戻した。








一人、バーに残っていた吉村は、ポリポリと乾き物のツマミを食べていた。

ケータイが着信を告げる。
周りに他の客もいないため、吉村はそれに出て、不機嫌そうに相槌を打つ。




「………ああ。………いや。
……どうだろうな…。近くにいない事は確かだが、どこにいるのかまでは解らんよ。
……ともあれ、こんな連絡もこれっきりだぜ?……俺は黒川と喧嘩する気は無いんでな。

……笠原さん。あんたも、これ以上、いらん波風は立てるなよな………」



そう話して、通話を切って、ふうと溜息をつく。
気の乗らない取引。リークする程の情報では無いが、それでも後味は悪い。


「……まあ、何が起きても…、自業自得ってヤツか…」



最後にそう呟いて、吉村は残りのピーナッツを口に放り、バーを出て行くのだった。








posted by 白黒ぼたん at 23:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
笠原、吉村さんに連絡してるじゃないですか!
吉村、言わなくて、偉い!
Posted by はるりん at 2019年09月16日 08:45
一応、報告はしたけど
吉村としては黒川を敵に回したくはないのでしょう。

ま、黒川も重要な事は話してませんしね〜
Posted by ぼたん at 2019年09月18日 22:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186565054
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
足りないイツキ by はるりん (10/15)
誘惑・5 by ぼたん (10/13)
誘惑・5 by A (10/12)
誘惑・5 by はるりん (10/12)
誘惑・3 by ぼたん (10/11)
誘惑・3 by はるりん (10/10)
誘惑・2 by ぼたん (10/09)
誘惑・2 by はるりん (10/09)
一応、冗談 by ぼたん (10/04)
一応、冗談 by はるりん (10/03)