2019年10月01日

一ノ宮







「笠原氏と会って来たんですか?……光州の高見沢氏を交えての懇談を、…予定を詰めている所ですよ?…何を先走って…、何を話して来たんですか!」
「………声が大きいぞ、一ノ宮」
「雅也。……池袋のA倉庫、買いましたね?……花代ですか?」



別に説教を聞きたくて、一ノ宮を焼き鳥屋に呼び出した訳ではない。
それでも一ノ宮は最初から、黒川を下の名前で呼ぶ。

そう呼ぶときは親身にざっくばらんに、…感情的に、黒川に本音を話す時だった。


「…何もくれてやると言った訳じゃない。相応の見返りは要求する」
「…イツキくんの身の安全ですか?」
「…それもある。…諸々だ。…もう、俺に関わるなと…、……手切れ金だ」



黒川はふんと鼻息を鳴らし、コップの冷や酒をぐいと煽る。
一ノ宮も同じ酒を飲む。この二人はザルで、底なし。
酩酊した姿を見る事は無いが、若干、饒舌になるようだった。




「……あなたが、イツキくんに対して熱くなるのは…、……まあ、悪くはないかと思いますが……」
「熱くなっている訳じゃない。周りにたかるハエがウルサイだけだ」
「はいはい。……それを放っておけなくなったという事でしょう。自分事のように」



多少、癇に障る物言い。
古くからの友人でビジネスパートナーでもある黒川が、若い恋人に入れ込み暴走する様は、未だに、慣れるものでは無い。
他者に対し深い情愛を持つことは悪くはないと思うのだけれど、どうにも、加減がオカシイのだ。




「……何だよ、一ノ宮。……ヤキモチか?」



憮然とした様子の一ノ宮に、黒川が軽口を叩くと

一ノ宮は、冗談でも趣味が悪すぎるとさらに顔を顰め、冷ややかに黒川を睨むのだった。





posted by 白黒ぼたん at 00:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
一ノ宮さん、黒川のいっちゃんに対する行動がイマイチ理解できませんね
ヤキモチ…ww
違いますよ〜

Posted by はるりん at 2019年10月01日 07:34
一ノ宮さん、この手の冗談は
本ッ当〜〜に嫌なんですよー
Posted by ぼたん at 2019年10月02日 21:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186629718
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
直球 by ぼたん (02/12)
直球 by はるりん (02/11)
意地悪 by ぼたん (02/10)
意地悪 by はるりん (02/09)
物音 by ぼたん (02/08)
物音 by はるりん (02/07)
食卓 by ぼたん (02/06)
食卓 by はるりん (02/04)
優待券 by ぼたん (02/03)
佐野 by ぼたん (02/03)