2019年10月07日

誘惑






黒川が意地悪で言っている訳ではないと、イツキにも解っている。

未だ、光州会や笠原との調整は続き、円満解決に向け黒川は尽力中…だと言う。
行方をくらましているはずの自分が、辺りをウロチョロしていては、まとまる話もまとまらなくなるのか。
掴まって、強行手段に出られても、困る。もう暫くは、姿を見せない方が良いのだろう。



「……じゃあさ、イベント終わった後は? 次の月曜日は、会社、お休みにするって社長が言ってたよ。……遊びに行こうよ、イツキくん!」
「……俺は…、……行かないよ、こっち、戻んなきゃ……」
「…ええー。せっかくの銀座なのに、勿体ないー」



誘いを断るイツキに、ミカは唇を尖らせ、拗ねる。
都会の夜を楽しみたいが、実を言えば一人というのは、心許ないのだろう。

イツキは「ごめんね」と小さく謝り、冷たいお蕎麦と一緒に、誘惑を飲み干す。

本当は、イツキにだって、行きたい場所がある。






『…イツキちゃん、こっち来るんでしょ?……夜、俺んち、おいでよ』






数日前、ミツオからメールが来ていた。
黒川が駄目と言うなら、では、ミツオの所に。


と、まさかそんな事は考えないけれど。




お蕎麦のつゆを飲み干しても

少しだけ、思いが、残る。




posted by 白黒ぼたん at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186657195
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
黒川危機一髪 by ぼたん (09/15)
黒川危機一髪 by みょん (09/13)
黒川危機一髪 by ひとみん (09/13)
黒川危機一髪 by はるりん (09/12)
黒川危機一髪 by あんこ (09/12)
寿司割烹なか井・5 by ぼたん (09/11)
寿司割烹なか井・5 by はるりん (09/09)
寿司割烹なか井・4 by ひとみん (09/09)
寿司割烹なか井・4 by ぼたん (09/08)
寿司割烹なか井・4 by はるりん (09/06)